秦野版 掲載号:2015年8月29日号
  • LINE
  • hatena

稲穂守る かかし参上 千村生き物の里

社会

かかしの設置をすすめる会員ら
かかしの設置をすすめる会員ら
 豊かな自然が広がる、秦野市千村にある生き物の里(日立ITエコ実験村)に8月22日、2体のかかしが姿を現した。約1カ月後に稲刈りを控えた稲穂を守るように目を光らせている。

 かかしを製作したのは、同里で保全活動等を行っている千村ネイチャー倶楽部(谷光清会長・29人)の会員。昨年栽培した米の藁を人形の形に整え、会員が持ち寄った洋服に着替えさせて完成。約4mの高さの竹にくくりつけた後、竹を組んでしっかりと固定した。

 同里周辺では、稲穂を狙うスズメ等はほとんどいないというが、谷会長は「かかしが立つ里山。風情があっていいでしょう」と笑顔を見せた。その後、里内で収穫したジャガイモ等を使ったカレーを食べながら、会員らの親睦を図った。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク