秦野版 掲載号:2015年12月24日号 エリアトップへ

vol.40 鵜の目鷹の目 秦野市元教育長東海大学講師 金子信夫

掲載号:2015年12月24日号

  • LINE
  • hatena

下町ロケット〈最終回〉

 何故、○○県(市)の教員採用試験を受験するのかとの質問に、研修制度が整っているからと答える大学生が多いことに驚かされます。各自治体の教員採用説明会で担当者が研修制度の充実をアピールしたことに応えているようですが、私には自分の成長を最初から制度に委ねようとする他力本願な考え方や姿勢にしか思えません。

 確かに、教員には研修が法律で義務付けられており、各教育委員会が研修制度を整備し、内容の充実を図ることは理解できます。しかし、学校現場で真に指導力や感化力を発揮し、子どもや保護者の信頼を得ることができる教員は、教育実践を通して育ち、先輩から学び、自分自身の力で自らを磨いています。子どもと毎日共に汗をかき、顔を突き合わせて対峙することからしか学ぶことができないプロ教員としての使命感や指導技術があることを忘れてはなりません。下町ロケットではありませんが、地域の学校現場にこそ教育理論や答申、大量の通達では埋めることができないプロ教員としての意地と職人技が育つのです。

 これからの教育のキーワードの一つにアクティブラーニングがあります。主体的、能動的に学ぶことで、急速に進化し多様化する知識基盤社会や高度情報通信社会に対応できる大学生や児童・生徒を育てるための学習方法ですが、教員にこそ求められている研修姿勢そのものということができます。

 日本の未来を創造する人材育成は、教員の誇りであり責任でもあります。今後とも、真に自立した使命感あふれる教員の卵たちを支援していきたいと思います。

 長い間、拙文にお付き合いいただきありがとうございました。
 

秦野版のコラム最新6

第5回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第5回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その2

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その1

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

8月13日号

絵本『しらすどん』で作家デビュー

元タウン記者・最勝寺朋子さん

絵本『しらすどん』で作家デビュー

7月16日号

第4回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第4回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

7月2日号

秦野ぶらり会30周年に寄せて

特別寄稿

秦野ぶらり会30周年に寄せて

会長 石川邦夫

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook