秦野版 掲載号:2016年1月30日号
  • LINE
  • hatena

ロックバンド「桃πBOYず(ピーチパイボーイズ)」のリーダーを務める 須山 晋(しん)さん 名古木在住 39歳

青春続くバンドマン先生

 ○…曲作りを始めた中学生の頃から音楽と共に歩んでいる日々。小学校教諭として働きながら仲間とバンド活動していることが「楽しい」と素直に笑みを浮かべる。『桃πBOYず』のリーダーを務めると共に、作曲も担当。「いい曲が出来たときは、嬉しさが爆発しますね」と笑う。

 ○…東小・東中出身の秦野っ子。秦野高校時代にギターを始め、明治学院大学に進学後は音楽サークルに所属。初めてバンドを結成し、音楽活動にのめり込んでいった。大学卒業後はプロをめざして活動もしていたという。転機は30歳を過ぎてから。今までの人生をふと振り返り、自身のバンドの人気が下火になっても「応援してくれる人がたくさんいたんです」と話す。教員一家に育ち、自身も教員免許を取得していたことから「支えてくれていた人たちに恩返しをしたい」と教師の道へ。2011年に臨任として西小に赴任し、2013年に正式採用。教壇に立って5年目になる。

 ○…「西小の子どもたちは素直な子が多い」と話す。毎年担任になったクラスで1曲作り、録音してCDを配布している。今年は6年生を担当。いくつか作ったデモテープの中から「今年は2曲気に入ったと子どもたちから言われて、初めてCDだけでなく映像も撮りました。大変でしたけど、子どもたちは生き生きとしていましたね」と話す。児童にとっても思い出深い経験となっているようだ。

 ○…3年前に結婚し、一児の父でもある。休みの日は家族一緒に公園めぐりをしている。はまったら追求するタイプで、少し前にはロシア料理のボルシチを気に入り「研究がてらずっと作っていました」と話す。今はバンドで主催する3月の「桃フェス」を企画中。卒業式もあり忙しい時期だが「自分たちで企画したことが形になることを、子どもたちに見てもらいたい」。自身も活動を楽しみつつ、子どもたちに示すのは教育者としての背中だ。

秦野版の人物風土記最新6件

紅谷 綾音さん

東海大学チャレンジセンターキャンパスストリートプロジェクト(C.A.P.)のリーダーを務める

紅谷 綾音さん

12月14日号

猪股 義晴さん

9日まで開催中の「蓑毛緑水庵紅葉ライトアップ」の主催事務局を務める

猪股 義晴さん

12月7日号

渡邉 典夫さん

30周年を迎えた社会福祉法人ビーハッピー「みのりの家」の理事長を務める

渡邉 典夫さん

11月30日号

鈴木 幹雄さん

秦野観光和太鼓最年長会員として11月25日の第9回自主演奏会に臨む

鈴木 幹雄さん

11月23日号

小泉 貴寛さん

秦野産小麦の地産地消を目指す秦野小麦出荷組合組合長

小泉 貴寛さん

11月16日号

久保寺 こずえさん

絵画サークルCrazy Pumpkinの代表を務める

久保寺 こずえさん

11月9日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク