秦野版 掲載号:2016年2月4日号 エリアトップへ

南が丘在住清水優譲さん 舞台俳優へ飛翔 新国立劇場演劇研修所を修了

文化

掲載号:2016年2月4日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える清水優譲さん
インタビューに答える清水優譲さん

 低く甘い声と落ち着いた雰囲気が印象的な秦野市南が丘在住の清水優譲(まさのり)さん(23)は新国立劇場演劇研修所の第9期生。2013年に全国からの応募者125人中、合格者12人という狭き門を潜り抜けた。3年間の研修期間を経て、1月には修了公演で熱演。3月に卒業を迎える。

 新国立劇場演劇研修所は舞台俳優の養成を目的に2005年に開設された東京都新宿区にある国立機関。研修生は週5日、発声や歌唱、身体表現などを始め、ダンスや日本の伝統芸能などの訓練も受ける。もともと日本舞踊を習っている清水さんも、狂言や三味線は初めて。「演技と向き合う中で多様な考え方に触れ、人との接し方など社会の中で必要な事を多く学びました」と3年間を振り返る。

 修了公演『噛みついた娘』(作・三好十郎/演出・栗山民也)は、主人公の女中・ステが資産家である富田家の内幕を知っていくという近代喜劇。清水さんが演じたのは富田家の次男・徳次郎で、社会や家族に対しての不満が混沌とし、自己矛盾に思い悩む青年の役。「演じる前の作業を大切にしています。台本を読んで1つの台詞が持つ様々な可能性について、想像力を使い実験的に考えること、それを楽しもうと心掛けています」と清水さんは話す。

 南が丘小・中学校時代はサッカー少年で、器械体操も習っていた。吹奏楽部員への恋をきっかけにブラスバンドに興味を持ち、厚木東高校へ進学後は吹奏楽部に所属。演奏会内の音楽劇でライトを浴びる心地良さや台詞を語る面白さに魅了され、高校卒業後は専門学校の声優・演劇科で学んだ。

 劇団員を目指す道も考えたが、専門学校の講師に勧められ挑戦した研修所の試験に合格。「受かるとは思っていなかったけど、整った環境で学べるなら、ここへいこう」と決心を固めた。

 現在はマネージメント事務所への所属を目指し、就職活動中。「『やりたいことをやっていいよ』と背中を押してくれた家族に感謝しています。俳優として、そのときにしか会えないお客さんに、そこでしか体験できない芝居を肌で感じて貰いたいです」と瞳を輝かせながら語った。

新国立劇場演劇研修所第9期生修了公演『嚙みついた娘』(撮影:小林由恵)
新国立劇場演劇研修所第9期生修了公演『嚙みついた娘』(撮影:小林由恵)

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

1,669人 新たな門出

1,669人 新たな門出 社会

10日に新成人のつどい

1月7日号

1月14日から発送

65歳以上3回目接種券

1月14日から発送 社会

接種開始は2月1日

1月7日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中学生の優秀作並ぶ

中学生の優秀作並ぶ

1月22・23日 中学校美術展

1月22日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook