秦野版 掲載号:2016年2月13日号 エリアトップへ

山田信弘さん(堀山下在住) 手作り飛行機 大空へ 「諦めなければ夢叶う」

社会

掲載号:2016年2月13日号

  • LINE
  • hatena
着陸直後のコメットを前に笑顔の山田さん(左)
着陸直後のコメットを前に笑顔の山田さん(左)

 「飛んだ。この姿を見たかった」――。山田信弘さん(65・秦野市堀山下)が、組み立てからボディ塗装、配線まで全て手作りしたB&F社(ドイツ)の2人乗り飛行機「FK―12―コメット」が2月6日、ついに大空へ羽ばたいた。2009年から製作を開始し、7年越しの夢が実現した。

 飛行機のキットがドイツから届いたのは2009年。同機は世界で数十機存在するというが日本に輸入されたのは初だといい、ドイツ語の説明書と格闘しながら約3年かけて完成させた。

 航空局への飛行許可申請をするため、プロの整備士にサポートしてもらい作成した書類は約70cmの厚さになった。山田さんは、約2年程で許可が下りると思っていたそうだが、思いのほか道のりは険しかった。

 申請しては航空局から何度も質問が届いた。同機はドイツ製のため、その質問をドイツ語に翻訳してB&F社とメールでやり取り。そして、同社からの返答を今度は日本語に訳して航空局へ提出した。このようなやり取りが約4年続いたといい、山田さんはストレスで体調不良になった時期もあったという。「心が折れそうになった」というが、翻訳等を手伝ってくれた知人や飛行機仲間からの励まし、何よりも「コメットを飛ばしたい」という強い思いで気持ちを奮い立たせた。そして今月1日、ついに飛行許可が下りた。

 フライト当日、コメットが姿を現した富士川滑空場(静岡県)の上空は無風、絶好のフライト日よりだった。「天が味方してくれた」。家族や大勢の仲間が見守るなか、ファーストテストフライトの高橋真パイロットが操縦桿をにぎりテイクオフ。軽快なエンジン音を響かせ、富士山をバックに大空に羽ばたいた。

 愛機の雄姿を見た山田さんは、「やっと肩の荷が下りた。嬉しかった」という。拍手と歓声の中に着陸した同機。山田さんと高橋さんはがっちりと握手し、感動を分かち合った。

 自家用飛行機の操縦免許を持ち、飛行経験もある山田さんの次の夢はもちろん自身が操縦し、コメットを飛ばすこと。「ここまでこられたのは本当に仲間のサポートのおかげ。見守ってくれた妻にも感謝。諦めなければ夢は叶うね」と満面の笑みを浮かべた。
 

秦野版のトップニュース最新6

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

市内商店 祭盛り上げ

秦野たばこ祭

市内商店 祭盛り上げ 社会

インスタで写真募集も

9月3日号

代々伝わる湧水 電力に

平沢在住和田大さん

代々伝わる湧水 電力に 社会

自宅裏に手製の水力発電

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook