秦野版 掲載号:2016年4月23日号 エリアトップへ

再び日本一へジャンプ FMX 原田かける君

スポーツ

掲載号:2016年4月23日号

  • LINE
  • hatena
会場を沸かす大技も決める
会場を沸かす大技も決める

 市内堀西在住の原田かける君(15)が昨年、フリースタイルモトクロス(=FMX)の『GOBIG全日本アマチュアFMX選手権』で初優勝。5月4日(水)に福島県で行われる FMXin鮫川に出場する。

 FMXとは、250ccのバイクを駆り、時速約50Kmでジャンプ台に進入。高さ約8m、長さ約15mを飛ぶ空中のほんの数秒でひねり、回転、手を放すなどの技を競う競技だ。

 原田君がエントリーした同選手権は3本のジャンプの最高得点を競う。抽選で最初のジャンプになり「どれだけ練習してもプレッシャーには勝てない。毎回飛ぶのは怖いが最初に盛り上げればいけるはず」。と大会当時を振り返る。1本目のジャンプを失敗してしまうが、2本目でリトライし成功。3本目には大技を決め、観客や会場を盛り上げるMC、ジャッジをどよめかせた。

 表彰では下位から発表され、2位でライバルの名前が呼ばれると、優勝を確信して思わずガッツポーズ。初めての優勝だった。「とにかくうれしい。感謝です」と仲間たちと固い握手を交わしながら表彰台へと登った。

憧れの轍を追いかけて

 憧れてやまない先輩の1人、佐藤英吾氏。世界で活躍したライダーで日本のFMX第一人者とも呼ばれ、また人格者として、世界中のライダーから愛されていた。佐藤氏の尽力もあり、FMX世界一規模の大会が2013年に日本で初開催。佐藤氏が記者会見で喜びの言葉を述べるが、大会に出場することなく、練習中の事故で急逝してしまう。原田君は言葉を失った。今でも佐藤氏の映像を見て勉強し、ステッカーをバイクに貼っている。

 「FMXin鮫川」で優勝すると、秋の北海道大会に招待されることが発表されたため、「上のレベルの選手が下りてきている」という。「狙うは再び優勝。将来は世界一の大会へ出場したい。自身も活躍して次世代を育てられるようになれれば」。先輩の轍を追いかけて突き進む。※人物風土記で紹介

初優勝の歓喜の瞬間
初優勝の歓喜の瞬間

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter