秦野版 掲載号:2017年1月7日号 エリアトップへ

2017年秦野市新成人のつどい実行委員長を務める 渡邉 亮さん 鶴巻在住 20歳

掲載号:2017年1月7日号

  • LINE
  • hatena

人生フルスイング

 ○…「夢」。今年のテーマに地元への思いを込めた。「今まで秦野で育ててもらった。当て字にして何かできないか」。約1カ月かけて、自身を含め実行委員のメンバー全18人と知恵を絞った。ひらがなで「はだの」を縦に並べ、「20歳になって、夢を思い描いていた自分から、夢を叶える自分になりたい」との思いでテーマにたどり着いた。「当て字にするのはなかなか難しく、1番苦労した部分かもしれない」と苦笑する。

 ○…昨年9月、中学時代の恩師から「実行委員をやってみないか」と連絡が来た。成人式は一生に一回のイベント。何らかの形で携わりたいと即答。「やるなら思いっきりやりたい」と実行委員長になり、企画や構成をメンバーと共に考えた。

 ○…鶴巻小・中、秦野高校を経て成蹊大学に進学。中学から始めた野球は今も続けている。打つことが好きで、4番を務めたことも。1番の思い出は高校3年生、最後の甲子園予選だ。2回戦で日大高校と対戦、1―1で迎えた8回表の攻撃、自らが放った打球はレフトへ舞い上がった。ホームランなら大きな勝ち越し弾となるその白球は、無情にもポール際のファールゾーンへ。無得点で攻撃を終え、8回裏、相手打者が放った打球は、自身が守るライトを越え、スタンドに消えた。1―3で敗れ、「聖地」への夢は叶わなかったが、ここでの悔しさが、大学でも野球をやろうという思いにつながった。「大学野球は高校までとレベルが違うが、レギュラーを掴み、チームに貢献したい」と意欲を見せる。

 ○…20歳の誕生日に父がビールやカクテルなど様々なお酒を買ってきてくれた。普段はあまり飲まないが、「赤ワインがおいしくて、つい飲んじゃいました」とはにかむ。夢は教員になること。「部活動で恩師の姿を見て憧れを抱いた。先生になって野球を教えたい」。揺るぎない思いを胸にし、門出のプレーボールがかかった。

秦野版の人物風土記最新6

吉野 詩織さん

7月9日に「インハイ」を実施する学生団体E4の代表を務める

吉野 詩織さん

秦野総合高校3年 17歳

6月24日号

板倉 久士さん

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している

板倉 久士さん

YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

6月17日号

多田 敏子さん

丹沢アートフェスティヴァルのスタッフとして支えた

多田 敏子さん

河原町在住 50歳

6月10日号

山口 浩さん

今年5周年を迎える「ぱれっと・はだの」の業務執行理事を務める

山口 浩さん

沼代新町在住 60歳

6月3日号

岩渕 浩二さん

秦野警察署長に就任した

岩渕 浩二さん

秦野市在住 53歳

5月27日号

赤柴 芳明さん

市内施設等を回り演奏を披露する音楽ボランティア「コロポックル」の代表を務める

赤柴 芳明さん

東田原在住 77歳

5月20日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook