秦野版 掲載号:2017年1月14日号 エリアトップへ

ロウバイ見ごろ 極楽寺で来週末まで

社会

掲載号:2017年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 極楽寺(秦野市鶴巻1861、守本善英住職)の境内にあるロウバイ=写真=(1月10日撮影)が見ごろを迎え、辺り一面が甘い香りで包まれている。

 植えられている約10本のロウバイは満開で、同寺によると「来週末まで見ごろが続く」とのこと。

 ロウバイは、中国原産の落葉樹。直径2cmほどの鮮やかな黄色の花をつけ、甘く上品な香りを強く放つ。花びらに光沢があり、蝋のような見た目、手触りから「蝋梅」という名がついたとされる説もある。

 極楽寺の境内には様々な花が植栽されており、四季折々の花を楽しめる。

秦野版のローカルニュース最新6

55歳以上の雇用創出へ

秦野市

55歳以上の雇用創出へ 政治

生涯現役促進地域連携を開始

6月11日号

寄付

寄付 社会

6月11日号

SDGsパートナー5社に

SDGsパートナー5社に 社会

秦野市から4社を追加

6月11日号

夏休みの新聞作り講座

夏休みの新聞作り講座 社会

東公民館で全2回

6月11日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月16日〜5月29日

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter