秦野版 掲載号:2017年4月8日号 エリアトップへ

3月21日付で秦野警察署長に着任した 片山 真さん 秦野市在住 54歳

掲載号:2017年4月8日号

  • LINE
  • hatena

”対応力”武器に治安守る

 ○…「人命にかかわることや人の暮らしの崩壊につながりかねないことへの対処は徹底的にやっていきたい」と力強く語る。市民目線で仕事をすること、失敗を恐れずポジティブに動くこと、チームワークを大切にすることを基本姿勢として掲げ、『市民のための警察署』を指揮する。

 ○…思い返せば昔から正義感が強かった。「悪い奴を捕まえたい」。その気持ちに突き動かされるかのように大学卒業後は神奈川県警へ。配属先は大和警察署の地域課。市民から親しみを持って「おまわりさん」と呼ばれることが増え、「”あ〜、警察官になったんだ”と実感した」といい、それと同時に気が引き締まる思いを感じたという。その後は各署、第一機動隊、県警本部と経験を積んできた。地下鉄サリン事件の捜査や九州・沖縄サミット、米国同時多発テロ、APECの警備などにも携わり、「有事の際の現場対応力を培った」という。神奈川県庁に出向時には箱根山の小規模噴火があり、県広域災害時情報収集先遣隊の隊長として初動対応の支援にあたった。「先手先手でうまく対応できた。これまでの経験が生かされました」と目を細める。

 ○…小田原市で生まれ育つ。26歳で結婚し3人の子宝に恵まれた。長男は警察官になり、なんとこの春まで秦野署に勤務していたという。「警察官を志してくれた時は嬉しかった。父と同職はやりにくい面もあると思うが、自分で道を切り開いて頑張ってほしい」とエールを送る。

 ○…趣味は釣り。妻と3人の息子を連れ、大磯や伊豆などで楽しんできた。最近は行けていないといい、新しい趣味を見つけたいとも。名水巡りもしており、秦野へも何度も足を運んでいた。「コーヒーを淹れると味の違いが分かりますよ」とほほ笑む。そして「人も温かいですよね」とも。「治安対策も防災も、地域と手を取り合って行いたい」、そう力強く語った。

秦野版の人物風土記最新6

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

秦野eスポーツ協会の会長を務める

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

緑町在住 43歳

8月27日号

井越 基生さん

市内の双体道祖神の絵を100枚以上描いている

井越 基生さん

南が丘在住 84歳

8月20日号

小川 秀晴さん

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める

小川 秀晴さん

上今川町在住 71歳

8月13日号

田中 太賀志(たかし)さん

現代美術家で公開中映画『ロボット修理人のAi(愛)』の美術監督を務めた

田中 太賀志(たかし)さん

鶴巻在住 62歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook