秦野版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

大切なのは本気と覚悟 富士山といっしょ 輝く人生のために

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 私はこのごろ、本気で事を為そうとするときに「本気度指数」とでも言うべきものがあると考えるようになりました。ただ漠然と「頑張る」とか「努力する」というイメージだけでは目標に到達できるわけがありません。何をどこからどのように進めていくのかを具体的にシミュレーションできるほど考えぬいていないと、失敗してしまいます。

 もうひとつ大事なことは、新たな目標のものを始めることによって、多くの時間が削がれてしまうという恐怖感です。必ず成功すると分かっているなら誰も迷いはしないでしょうが、水の泡になってしまうかもしれないなどと思うと、とても「本気にはなれない」と思ってしまいます。このように思いはじめたら、「自分はもう逃げの姿勢に入っている」と思うべきです。

 新しく事を起こそうとするときは、水の泡になどさせてたまるかという開き直りが必要です。たとえ思い描いていたような頂点に届かなかったとしても、途中の地点まで懸命に努力した事実は残ります。その事蹟は必ず次の機会、あるいは別の事象に役立つ。役に立たせるように自分の中に取り入れていくという「覚悟」を持つことが肝要だと思います。
 

秦野版のコラム最新6

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その4

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月15日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その3

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月8日号

株式会社 つかさ(鈴張町)

【連載】 かながわSDGsパートナーを紹介

株式会社 つかさ(鈴張町)

10月1日号

第5回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第5回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その2

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その1

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook