秦野版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

努力の結果が「存在感」に 富士山といっしょ 輝く人生のために

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 たとえ富士山を10時間見つづけたとしても飽きるということはありません。三角錐の3分の1の上を切り取ったような形状は実にカッコヨクできています。どっしりとした安定感はなにごとがあってもビクともしないと感じさせる「品格」「品位」があります。悠然とすわっている姿からは「神秘性」「精神性」を感じます。私のように生意気で、せっかちで、人間そのものが軽くできている身にとっての富士山は「いつも富士山のようでありたい」と思わせる力強い魅力にあふれています。

 私はこれまでの富士山の爆発回数や山に山が折り重なってできた地層、永久凍土の下方へのゆるやかな推移も詳しく知ってはいますが、それもこれをも全部含めて富士山の姿、精神性、神秘性が万人に感銘を与えているのは、富士山自身の長い年数の自助努力があったからだと思えるのです。そう思わせるものが「富士山そのものの存在感」だと思います。

 山も人も、一朝一夕にして「存在感」と感じさせるものが形成されるわけではありません。視える努力も、見えない努力も融合された結果として「存在感」はそこに現れてくるものだと思っています。
 

秦野版のコラム最新6

第5回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第5回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その2

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その1

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

8月13日号

絵本『しらすどん』で作家デビュー

元タウン記者・最勝寺朋子さん

絵本『しらすどん』で作家デビュー

7月16日号

第4回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第4回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

7月2日号

秦野ぶらり会30周年に寄せて

特別寄稿

秦野ぶらり会30周年に寄せて

会長 石川邦夫

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook