秦野版 掲載号:2018年1月12日号 エリアトップへ

髪の毛一本の差 富士山といっしょ 輝く人生のために

掲載号:2018年1月12日号

  • LINE
  • hatena

 富士山に何回も登っていると、「ラクに登れるようになるんでしょ?」と聞かれる事が多いです。「いえいえ、ラクになるなんてことはありません。昨日と同じように今日もキツイと思う日が多いんですよ」と答えています。この事を分かってもらうためには、例えばそれなりにいつもキツイ仕事に就いている人が、「慣れるとラクなんでしょ?」と聞かれた場合を想定すればいいのかもしれません。

 実は、私自身も富士山に10回とか20回程度登っていた頃は、「そのうちにラクになるだろうな」と思っておりました。ところが、100回、あるいは999回、そして1400回以上登っている現在でもラクになっているという感覚はありません。これは本当なのです。ただ、はっきり分かっているのは、私もキツイけれども、あの人もこの人もみんなキツイ。途中でやめてしまう人と最後まで諦めずに登り続ける人との差は、よく言われるように「髪の毛一本の差」という事です。これだけしか分かっていないのですが、たったこれだけのことが分かっている事で、私は毎日富士山に登り続ける事ができる。これが富士山に登る事ができるコツだと言えるかもしれません。
 

秦野版のコラム最新6

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その4

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月15日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その3

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

10月8日号

株式会社 つかさ(鈴張町)

【連載】 かながわSDGsパートナーを紹介

株式会社 つかさ(鈴張町)

10月1日号

第5回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第5回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その2

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その1

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook