秦野版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

自慢して何か得になる? 富士山といっしょ 輝く人生のために

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena

 やや前方を見すえながら汗だくになって登山道を登っていた時に、道の真ん中に仁王立ちになって私を見下ろしている男性が目に入りました。60歳前後で山慣れしている感じに見えました。目礼をして道の脇を通り過ぎようとした時に、いきなり「あなたは百高山を制覇しましたか?」と声をかけられました。「いえいえ、私はまだほんの少ししか登っていませんが…」。男性は軽く舌打ちして、私の頭のてっぺんから爪先までを値踏みをするように見まわして、「そうですか、ボクはとっくに征服しおわっていますけどねえ」と言って、また続けて「富士山ばっかりに何回登ったって、百高山をまだ登りおえないのでは順序が逆だと思いますけどねぇ?」。「すみません。これからです」云々。

 私はこの男性に見覚えがありませんが、どこかでチラリと私のことを聞いて、一発ブチカマシてやろうと思ったのかもしれません。山を制覇したとか征服したとの言い方と、高圧的・断定的なモノイイが気になりました。世の中には色々変わった人がいるんだなぁと思いました。

 ※百高山とは、富士山の3776mをトップに、高い山から100番目までの山の事をいいます。
 

秦野版のコラム最新6

第2回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第2回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

5月14日号

第1回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第1回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

4月16日号

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

寄稿

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

郷土史家 小泉孝

1月22日号

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

寄稿

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

秦野歴史おこしの会理事長 小泉孝

10月23日号

世界を身近に感じて

寄稿

世界を身近に感じて

5月8日号

ここを先途と

アウトドアと地域振興

ここを先途と

文=山本 哲史

12月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    5月14日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter