秦野版 掲載号:2018年5月18日号
  • LINE
  • hatena

草類ごみの資源回収を開始 6月から本町・東・北地区で

政治

対象地区に掲出されたお知らせ
対象地区に掲出されたお知らせ
 秦野市はごみ減量に向けて、6月1日(金)から本町・東・北地区で草類の分別回収を開始する。

 対象となるのは、家庭から出る草、草の根、切花、落ち葉、竹(直径50cm・長さ40cm以下)。木の根や野菜、割り箸、剪定枝は対象外となる。

 市は、まず市直営職員が担当するコースが含まれる地区を先行実施地区として選定。6月から資源として草類ごみの回収を開始することにした。対象となるのは、ごみの分別カレンダーでの本町A、本町B、東A、東B、北の5地区。草に土がついている場合は資源化する際に不純物となるため、できるだけ土を落とし、乾燥させてから透明か半透明の袋に入れて、北は毎週木曜日に、その他は毎週金曜日に可燃ごみと分けて置く。回収した草類は、製紙工場のボイラー燃料や堆肥の材料として使用する予定だ。

全地区開始は19年度

 ごみの収集について、伊勢原清掃工場90t焼却施設の老朽化に伴い、2025年度末までにはだのクリーンセンター1施設での焼却体制に移行することになっている。市環境資源対策課によると、2016年度に実施した家庭ごみの組成分析調査で草類は22・4%(約7100t)を占めると推定され、家庭から排出される可燃ごみの中で生ごみに続いて多い。草類ごみを資源化することでごみの減量化が図られることが見込まれ、2018年度は約1000tの焼却量減少をめざす。

 同課では、対象となる地区には収集場所にお知らせを掲出しているほか、自治会を通してのチラシ配布、広報5月15日号でのPRなどで周知を図る。2019年度から市内全域で実施予定。

謹賀新年 本年もよろしくお願い申し上げます

保育士さん募集!

楽しくのびのびとしたアカデミーコスモス保育園で一緒に働きませんか?

http://academycosmos.net/index.html

新年のご挨拶

地元の皆様との連携をさらに深めながら事業を進めてまいります。

https://www.c-nexco.co.jp

はだの南レディスクリニック

土・日オープンの予約制のレディスクリニックです

http://www.hirai-ladies.jp/index.html

創業53年LPガス・リフォーム

すべての人のグッドライフカナエル

http://www.kana-l.co.jp

須藤産科婦人科

分娩・手術応需 日本産科婦人科学会産婦人科専門医

https://sudo-lc.com

家づくりから健康づくりまで

ピタットハウス、スポーツクラブ運営

http://www.yoiie.net/tokaidaigakumae/

県央経営者会

自然と地域経済が共存共栄した、未来都市の創造を目指しています

http://www.kenou-k.jp/

チーズケーキ専門店デボンポート

本格的な濃厚ベイクドチーズケーキを中心に各種洋菓子の製造と販売をしております

http://www.devonport.jp/

株式会社関野建設

信頼と誠実をモットーに地域に愛されて100年以上。

http://www.sekino-group.jp/

有限会社 夢工房

出版・自費出版・企画・デザイン・編集・印刷を通じて、あなたの夢を実現

http://yumekoubou-t.com/

山口京呉服店

きもの・帯・染  TEL0463・81・0220 秦野市曽屋1-2-17

秦野理容組合

消費者の皆様に安全で安心なサービスの提供に努めています

http://www.krk.or.jp

だるま商事(有)

地域密着、土地・建物・仲介売買

https://darumashouji.co.jp/

中栄信用金庫

全てを地域の明日のために

http://www.shinkin.co.jp/chuei/

つるまき幼稚園

こだわり保育で「活動的」「意欲的」「自主的」な子どもを育てる

http://tsurumakiyouchien.com/

ピーちゃんスタンプ会

毎月第一土曜日は倍券セール実施中!お買い物は加盟店で!

https://p-chan-stamp.jimdo.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月28日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

6日に部分日食

6日に部分日食

くずはの家に望遠鏡

1月6日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月4日号

お問い合わせ

外部リンク