秦野版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

可憐な赤そばの花咲く 三廻部の畑で

社会

およそ300坪の畑一面が赤く染まる(三廻部)
およそ300坪の畑一面が赤く染まる(三廻部)
 三廻部で栽培されているそば畑の一角で、可憐な赤いそばの花が咲いている。そばの花は、白が一般的で、赤い花が咲く品種は珍しいという。

 そばのこの畑は、石庄丹沢そば茶屋本舗の自社農園。同社ではそばの栽培から製造、販売、飲食店まで手掛けていて、市内だけでも約2万坪の自社農園を有している。さらに同社独自の取り組みとして、1年間に同じ畑で春、夏、秋の3度に渡り栽培する「3期作」に取り組んでいる。現在花が咲いているのは「春そば」で、6月下旬には収穫される。同社を経営する石井勝孝さんは「好天にも恵まれ、育成は順調だ。今年もいいそばができる」と期待を込めて話す。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飲食店経営の工夫とは

飲食店経営の工夫とは

6月22日 売上アップセミナー

6月22日~6月22日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク