秦野版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

連載を終えて思うこと 富士山といっしょ 輝く人生のために

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 10回の連載原稿を読んでくださった読者のみなさまと連載の機会を創ってくださったタウンニュースさまにお礼を申しあげます。ありがとうございました。

 私は日本で一番天空に近い富士山頂に立ったとき、グータラな自分を大変身させようと決心しました。生まれて初めて私の中の「本気度が沸点に達した」のだと思いました。なんとまぁ、そのとき私は「63歳」になっていました。

 それから15年間せっせと富士山に登り続け、1404回になりました。他人に比べると何をやってもワンテンポ遅れてしまう私ですが、過去の自分と今とを並べてみると「よくやったねぇ」と自分をほめてやってもいいと思っています。富士山の登り下りのキツさの一歩一歩が自分の心と体を進化させていく仕組みのようなものを得心できたからです。ラクをして充実感が生れるはずがありません。一所懸命行動することの喜びには格別な充実感があります。

 私の実際の貯金通帳は残高がゼロになるときがあって慌ててしまいますが、私の空想の「努力通帳」には今後「努力の残高」が増えていくだけなのだと思っています。
 

新型コロナ感染拡大防止サービス

皆様に代わってドライバーが代行します!

http://www.aizu-taxi.co.jp/index.html

<PR>

秦野版のコラム最新6

世界を身近に感じて

寄稿

世界を身近に感じて

5月8日号

ここを先途と

アウトドアと地域振興

ここを先途と

文=山本 哲史

12月21日号

富士山といっしょ

連載を終えて思うこと

富士山といっしょ

輝く人生のために

8月24日号

富士山といっしょ

遅すぎる決断はない

富士山といっしょ

輝く人生のために

7月13日号

富士山といっしょ

富士山といっしょ

輝く人生のために

6月8日号

富士山といっしょ

きょうまでの自分を超えて

富士山といっしょ

輝く人生のために

3月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク