秦野版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

アウトドアと地域振興 ここを先途と 文=山本 哲史

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
やまもと てつし●1978年生まれ。秦野市堀山下出身。山屋食品工業(株)代表取締役。2017年に仲間とNPO法人 丹沢を愛する会を設立。2018年5月に秦野市内初の自転車大会グランフォンド丹沢・ヤビツ峠を開催した。
やまもと てつし●1978年生まれ。秦野市堀山下出身。山屋食品工業(株)代表取締役。2017年に仲間とNPO法人 丹沢を愛する会を設立。2018年5月に秦野市内初の自転車大会グランフォンド丹沢・ヤビツ峠を開催した。

 多くのアウトドアスポーツが楽しめる街、秦野。丹沢は、私を含めアウトドアを愛する人間にとって魅力溢れる場所です。

 ヤビツ峠から表尾根を登り塔ノ岳へ。尾根伝いに大倉に下りる。またその逆を辿る表尾根縦走コース。サイクリストの聖地と言われるヤビツ峠。表尾根に連なる多くの沢も、沢登りに挑戦する方々にとって魅力満載の場所となっています。

 訪れる方の殆どは、首都圏を中心に市外から来られていますが、秦野の魅力をアピールする場所や機会は少なく、その大多数がアウトドアを楽しむだけで帰られています。秦野をもっと知ってもらい、名産品をお土産にしてもらえば、地域振興に繋がる事は間違いないですが、あまりに商業ベースになってしまうと、自然の中で汗をかき楽しむと言う本来の目的が脇役となってしまい、自然溢れる街の良さが失われてしまいます。

 例えば山岳スポーツの携帯食にはぴったりな北原堂製菓さんの「丹沢登山ようかん」のように、アウトドアビジネスの可能性に着目していくと、その裾野は広がっていくと思います。山岳スポーツの行動食としてナッツ類の地位は確立されており、秦野の落花生を生かせないか、私も今考えています。誰かがやるだろうではなく、私達市民皆が考える時が来ているのではないでしょうか。
 

秦野版のコラム最新6

第3回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第3回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

6月11日号

第2回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第2回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

5月14日号

第1回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第1回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

4月16日号

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

寄稿

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

郷土史家 小泉孝

1月22日号

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

寄稿

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

秦野歴史おこしの会理事長 小泉孝

10月23日号

世界を身近に感じて

寄稿

世界を身近に感じて

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

極楽寺でコンサート

極楽寺でコンサート

地域や芸術、寺など繫ぐ

6月27日~6月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter