秦野版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

ミニバスケ新人戦 「南クラブ女子」が2連覇を達成 男子はラバーネが優勝

スポーツ

2連覇の南ミニバスケットボールクラブの選手
2連覇の南ミニバスケットボールクラブの選手

 秦野市、伊勢原市、厚木市から男子21、女子20チームが参加し行われたミニバスケットボールの新人戦大会「神奈川バスケットボール協会U12部会北相新人戦西地区大会」が昨年12月、厚木市内で開催され、男子はラバーネミニバスケットボールクラブ、女子は南ミニバスケットボールクラブがそれぞれ優勝した。南クラブは昨年に続く2連覇。

2連覇の快挙を成し遂げた「南」

 絶対的なエースはいないが、全員バスケで臨むスタイル。「オフェンスにつなげるためのディフェンスで得点を狙う戦いがうちの持ち味」とコーチの神(じん)愛さん。今大会は、決して楽な試合運びではなかったが、確実に勝利を重ね決勝へ駒を進めた。決勝は同じ市内の「秦野 KJr.」。前半は一進一退の攻防。後半に入るとオフェンスにつなげるためのディフェンスが生き、得点を重ね25対18で勝利した。

 昨年に続く2連覇に、選手をはじめチーム関係者も喜びは大きかったという。「応援も力となった。選手の頑張りを褒めたい」と神コーチは話した。

普段通りの戦いで勝利した「ラバーネ」

 選手は初戦から硬さもなく、普段通りの軽快な動きを見せた。攻守バランスの取れたチームとして評価が高いラバーネは、その力を試合で発揮。得点差を付けてのゲームで順調に勝ち進んだ。決勝でも勢いは衰えず、厚木の「ラスティー」に56対44で勝利し優勝した。

 監督の三平昇さんは「優勝を目標に、練習してきた。皆で勝ち取った勝利です」と子どもたちを称えた。

勝利したラバーネミニバスケットボールクラブの選手
勝利したラバーネミニバスケットボールクラブの選手

秦野版のローカルニュース最新6件

農商が繋がり秦野ブランド促進を

食を支えるキーマンに聞く『地産地消の未来』

農商が繋がり秦野ブランド促進を

5月1日号

これからを、今を元気に過ごすために

医師・ケアマネジャーが語る『健康寿命への取り組み』

これからを、今を元気に過ごすために

5月1日号

自然、地元と寄り添うこれからの住まいづくり

森の守り人×建築士インタビュー

自然、地元と寄り添うこれからの住まいづくり

5月1日号

時代のニーズを掴みやる気のある人を支援

商業の代表者が語る『魅力ある商店づくり』

時代のニーズを掴みやる気のある人を支援

5月1日号

急病人診療を受付

小麦生産者を新たに認証

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク