秦野版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

振り込め詐欺を未然に防止 功労者と団体に警察署が感謝状

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を受けた安田さん(上段左)と功労団体の職員ら
感謝状を受けた安田さん(上段左)と功労団体の職員ら

 秦野警察署で2月13日、振り込め詐欺の被害を未然に防止した功労に対する感謝状の贈呈式が行われた。年に2回、同署が行っているもの。

 今回、功労団体として選ばれたのは、秦野市農業協同組合の南支所・西支所・大根支所、横浜銀行の東海大学駅前支店・秦野支店、中栄信用金庫の東海大学駅前支店。2018年下半期に、窓口などに訪れた客に対して積極的に声をかけ、来店の理由などを確認することで被害を未然に防止した。横浜銀行秦野支店の高橋充支店長は「(65歳以上の人による)100万円以上の振り込みについては通報するよう警察署から言われており、社内の教育もしてきました。やはり、職員の勘というか、お客様の様子を見て気づく事が大切だと思います」という。

集金の訪問で顧客の異変に気付く

 また、功労者として、ガソリンスタンド業務やガス関連商品販売などを行う宇山商事株式会社=秦野市寿町=の安田拓馬さん(29)にも感謝状が贈られた。

 安田さんは1月、仕事で顧客の女性宅にガス料金の集金に訪れた際、聞いた話の内容から詐欺を疑った。孫に連絡を取ってもらい、事実がないことを確認してもらうことで、孫をかたった振り込め詐欺被害を未然に防止することができたという。

 「6〜7年のお付き合いがあるお客様で、普段からお話をしてきたので、気付けたのかもしれません」と安田さん。同社の宇山晃弘社長は「相談する人がいないと慌ててしまうと思うので、日頃から隣近所の人や我々のような業者が注意することが大切では」と話す。

 秦野警察署では家庭での詐欺防止の取り組みとして、留守番電話の設定や会話を自動録音できる電話機の設置などを勧めている。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

特殊詐欺抑止に向け啓発

特殊詐欺抑止に向け啓発 社会

秦野警察署 下大槻と渋沢で

10月22日号

期日前投票5カ所で

第49回衆議院議員総選挙

期日前投票5カ所で 政治

10月22日号

水墨画の個展初開催

秦野市出身長嶋芙蓉さん

水墨画の個展初開催 文化

ライブパフォーマンスも

10月22日号

学ぼう!減らそう!食品ロス

学ぼう!減らそう!食品ロス 教育

参加募集 11月14日 堀川公民館

10月22日号

震生湖がロケ地に

劇場版「きのう何食べた?」

震生湖がロケ地に 文化

10月22日号

ラケット交わし24人が試合

ラケット交わし24人が試合 スポーツ

車いすテニスニューミックス大会

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook