秦野版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

マージャン人気が沸騰中  麻の会 会員数6年で7倍に

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
和気あいあいと楽しむ参加者牌は自動ではなく手で積む
和気あいあいと楽しむ参加者牌は自動ではなく手で積む

 「リーチ!」「ツモ!」「ポン!」「ロン!」

 緑色の卓を囲む相手に聞こえるよう、大きな声を出すこともルールのひとつ。週に2回、秦野市内の公民館で活動する「麻の会」は、2013年6月にできたマージャン同好会だ。8人でスタートして6年が経った今、メンバーは57人まで増えた。この日もまた1人、メンバーが増えた。

 ターゲットバードゴルフを楽しんでいた主婦仲間が「雨の日も一緒に楽しみたい」と、自宅の一室で見よう見まねでマージャンを始めた。会長の笠島幸江さん(74)=東田原=が中心となり、市内の公共施設に利用申請したが「マージャンは…」とやんわり断られた。

 昭和の男たちがかつてたしなんだ「飲む、打つ…」のひとつにあったマージャンには、スポーツ界や芸能界での「マージャン賭博」事件などスキャンダルがつきものだったが、平成に入り健康ブームが到来すると少しずつ変化が現れた。

 会話によるコミュニケーションや牌をつかむ指先の動き、先を読む思考などが“認知症予防”として注目され「健康マージャン」という言葉まで生まれた。

健康マージャン

 麻の会が活動7年目に入った6月11日、南公民館にある定員45人の集会室でメンバー40人が賑やかに対局を楽しんでいた。

 この日のメンバーは女性18人と男性22人。52歳から86歳までと幅広い。対局相手は毎回、午前と午後で変わるが、それがかえっていい、という。

 金融系の独身寮でルールを覚え、接待マージャンで鍛えられたと話す73歳の男性は「家にいると会話がほとんどないが、ここへ来ると会話が弾む。前の晩は気持ちが高ぶり朝の目覚めもいい」と目を輝かせた。

 77歳の女性は「夫が送り迎えをしてくれる」といい、86歳の男性は「これが生きがい」、52歳の女性は「火曜日はマージャンの日で日曜日は夫とデート」と様々。ほかにも「旦那とは別々の趣味がある。それが夫婦円満の秘訣」「家でテレビを観ていると受け身だがマージャンをしている時は脳が刺激されるのがわかる」など、その眼は一様に牌に向けられていた。

 会費は1回300円。経費は会場の利用料と景品だが、景品には参加無料券もある。
 

秦野版のローカルニュース最新6

シーズン迎え山の交番開所

シーズン迎え山の交番開所 社会

12月上旬まで遭難者対応の拠点

4月9日号

2人1団体が防犯功労

2人1団体が防犯功労 社会

秦野警察署で伝達式

4月9日号

ランドセルカバーを寄贈

ランドセルカバーを寄贈 社会

交安協 新入学児の安全願い

4月9日号

障害者施設の作品即売会

障害者施設の作品即売会 社会

4月11日 イオンSC

4月9日号

接種券発送はじまる

新型コロナワクチン

接種券発送はじまる 社会

4月9日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の星空教室

春の星空教室

4月17日 南が丘公民館

4月17日~4月17日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク