秦野版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

花歴0年で3位入賞の快挙 今泉在住の菅原楓華さん

社会

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
第3位に輝いた菅原さん
第3位に輝いた菅原さん

 秦野市今泉在住の菅原楓華(ふうか)さん(伊志田高校3年)が10月19日・20日にクイーンズスクエア横浜で行われた「第11回フラワーデザインコンテストクイーンズカップ2019」の学生部門に出場し、花歴0年で第3位を獲得するという快挙を成し遂げた。

 菅原さんは市内柳町の生花店「フローリストせきど」(飯野婦美子社長)で繁忙期の短期アルバイトをしたことはあったものの、アレンジメントなどの経験はなかったという。大会ポスターで興味を引かれていた際、同時開催のジャパンカップ神奈川代表予選に出場予定だったスタッフの飯野正永さん(38)に勧められ、出場を決めた。

 大会のテーマは「enjoy」。菅原さんは自身が楽しいと感じる「絵を描くこと」と好きな花を組み合わせ、絵画のような作品を作り上げた。「花は明るい色、特にピンク系が好きなのでそれを使い、実や葉をコラージュしていきました」と話す。この作品が大きく評価され、予選を1位で通過。ファイナルステージへの進出を決めた。

 ファイナルではその場で発表される花材を使い、30分間でアレンジメントを作るというもの。初めての経験に緊張したというが、用意された生花が今回台風被害にあった生産者からの提供だと聞き「大切に、丁寧に使おうと思いました」。コンテスト前に飯野社長から教わった基本に忠実にアレンジメントを作り、結果は第3位。花歴0年ながら見事な入賞となった。

 「とても嬉しい」と笑顔の菅原さん。大学は美術系の学部へ進学するが、今後は絵に加え「もっと花についても勉強していきたい」と語った。

フローリストせきど飯野さん県予選優勝全国出場決める

 同時開催されたジャパンカップ神奈川予選に出場した飯野正永さん。入賞の常連の高い技術を見せ、今回も優勝を獲得。来年8月に名古屋で行われる全国への出場を決めた。『応援花』というテーマに「明けない夜はない」という想いを三日月で表現したという。

 「勝負はここから。昨年大会は悔しい思いをしたので、当日まで意識して技術を磨いていきたい」と話した。

菅原さんの作品(左・ファイナル/右・予選)
菅原さんの作品(左・ファイナル/右・予選)
飯野さんの作品
飯野さんの作品
挨拶する飯野正永さん
挨拶する飯野正永さん

秦野版のローカルニュース最新6

陸上競技の基礎学ぶ

陸上競技の基礎学ぶ スポーツ

対象は小学3〜6年

4月3日号

稲・苗を学校に配布

稲・苗を学校に配布 教育

JAはだのが無償実施

4月3日号

宅配サービスを一括紹介

秦野市

宅配サービスを一括紹介 経済

高齢者・買い物弱者の見守りに

4月3日号

市長動向

市長動向 政治

3月23日〜27日

4月3日号

『声掛け』が詐欺防ぐ

『声掛け』が詐欺防ぐ 社会

秦野署が2事業所に感謝状

4月3日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

3月1日〜3月21日

4月3日号

東光苑の中華おせち料理

本格中国料理を自宅でお楽しみ頂けるよう、豪華に盛り付けました

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「備長釉」の陶器展示

「備長釉」の陶器展示

香窯陶芸工房 春の作品展

3月29日~4月19日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク