秦野版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

西郡茉優さん(堀川在住) 女子サッカー 日本代表でアジア大会に出場

スポーツ

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
代表ユニフォームに身を包みメダルをかける西郡さん
代表ユニフォームに身を包みメダルをかける西郡さん

 秦野市堀川在住の西郡(にしごおり)茉優(まひろ)さん(15・相模原弥栄高校1年)が、9月にタイで開催された「AFC U-16女子選手権タイ2019」に、日本代表として出場した。日本は9月28日に行われた決勝で朝鮮民主主義人民共和国に2対1で勝利し、優勝している。

 普段、西郡さんが所属しているのは、高校生女子サッカーのクラブチーム「ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ」。選手の選出は、代表チームの監督やコーチが各地を視察し行う。今回、西郡さんはミッドフィルダー(MF)の1人として選ばれた。

 アジア大会で出場したのは、グループステージのオーストラリア戦ラスト15分ほどと、フル出場となったバングラディシュ戦。試合では自身のパスがチャンスに繋がる1対1の状況を作り出したり、スルーパスで上げたクロスが得点に繋がるなど、攻守に関わるポジションとしての役目を果たす活躍を見せた。

サッカーのきっかけは兄

 西郡さんがサッカーを始めたのは、3歳年上の兄の影響。少年サッカーチームに入っていた兄と、ボールを蹴って遊んでいた。

 幼稚園の時に秦野FCに入団。兄の友人でノジマに所属していた女子選手の先輩から話を聞き、中学生チーム「ノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレ」のセレクションを受ける。

 見事合格し、中学1年から3年までレギュラーを務めた。夏の全国大会でのベスト4進出や、中3では1つ上の高校生の冬の大会に出場し、全国ベスト4になった経験を持っている。

 今でも兄とはボールを蹴り、客観的なアドバイスをもらい自身のプレーに活かしているという。

次の目標は世界大会

 今大会の上位2カ国は、来年10月にインドで行われるU-17世界大会への切符を手にしている。出場するのは今のU-16世代だが、代表選手は選出し直しとなるため、「また選ばれることが当面の目標です。同じポジションの選手には負けたくない」と、西郡さんは話す。

 将来の夢は、なでしこジャパンの一員としてW杯に出場し優勝すること。夢に向かい、一歩一歩努力を重ねている。
 

秦野版のローカルニュース最新6

工業扇風機25台を市に寄付

工業扇風機25台を市に寄付 社会

望月建業(株) 望月豊光さん

9月25日号

十月桜これから見ごろ

十月桜これから見ごろ 社会

寺山の「石庄庵」の庭園で

9月25日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

9月6日〜9月12日

9月25日号

健康相談会

未病センター

健康相談会 社会

9月25日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月25日号

”考える”大切さ学ぶ

本町中

”考える”大切さ学ぶ 教育

いじめ・ネットトラブルの講演

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋、室内楽でゆったり

秋、室内楽でゆったり

30日 東のお山のコンサート

9月30日~9月30日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク