秦野版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

曽屋水道公園会 公園整備し、児童と花植え 本町小5年2組が協力

教育

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena
えらぶゆりの球根を植える児童ら
えらぶゆりの球根を植える児童ら

 曽屋公園(水神町9の23)で12月11日、曽屋水道公園会が花植えを行った。この花植えには同会のほか、NOP法人秦野にぎわい創造まちづくりのメンバーや本町小学校5年2組の児童31人が参加した。

 この曽屋公園は、曽屋水道の浄水場が設置されていた場所。曽屋水道は1890年に全国で3番目に完成した水道施設で、近代水道施設として全国で初めて登録記念物(遺跡関係)に指定されている。同会はこの曽屋水道を多くの人に知ってもらおうと今年6月から活動を開始。草刈りや見学会などでの講師を行っており、今回も公園整備の一環として行われた。

 また、本町小5年2組の児童らは、総合学習の中で「秦野のメダカを追え!〜秦野の環境について考えよう〜」をテーマに学習を開始。同公園にメダカが住む親水池があることを知り、クラスで見学に行ったという。メダカが住める環境を守るために何ができるかと考える中で、池や公園の整備を行っている秦野市の職員や同会のメンバーと知り合い、花植えに参加することになった。

 今回は、公園内の花壇や池の周りなど3カ所を耕し「えらぶゆり」約200球を植えた。球根はクリエーティブカミヤ(株)から提供を受け、植え方は(有)加藤生花店の加藤輝夫さんが指導。子どもたちは、同会やNPO団体のメンバーと共に、初めに土を20cmほど掘り、「早く花が咲くように」と一つずつ丁寧に球根を植えていった。同会の杉山和史代表は「子どもたちに学校の授業として来てもらい、協力してもらえてありがたい。えらぶゆりが咲けば公園も華やかになり、きれいになる。今後も公園が認知されるように、広報していきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

一左さんが落語披露

一左さんが落語披露 文化

3月1日 奥津国道美術館

2月21日号

映画「夜明け前」上映会

映画「夜明け前」上映会 社会

2月29日 鶴巻公民館

2月21日号

みんなでダンス、ダンス

ディスコナイト

みんなでダンス、ダンス 文化

2月29日、ミッシェルで

2月21日号

民家で発災想定し訓練

同時多発傷病者救助など 秦野市赤十字奉仕団

民家で発災想定し訓練 社会

2月21日号

「2年目に向け粉骨砕身」

加藤県議が県政報告

「2年目に向け粉骨砕身」 政治

2月21日号

遊友が写真展

遊友が写真展 文化

29日から市民ギャラリー

2月21日号

開幕スタメン争い熾烈

湘南ベルマーレ

開幕スタメン争い熾烈 スポーツ

2月21日 ホームで浦和戦

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

国際女性デーに合わせ講演

国際女性デーに合わせ講演

3月9日 本町公民館で

3月9日~3月9日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク