秦野版 掲載号:2020年5月8日号 エリアトップへ

寄稿 世界を身近に感じて

掲載号:2020年5月8日号

  • LINE
  • hatena

 ロータリークラブが留学先の学費や滞在費等を全額負担し、高校生の海外での学びや交流を支援する「ロータリー青少年交換プログラム」。このプログラムの交換留学生として、並木町在住の小林るりさん(17歳)がデンマークに派遣されていました。

 新型コロナウイルス感染症の影響で期間途中での帰国となりましたが、2019年8月から2020年3月までの留学生活で感じたことを語ってもらいました。

 私がこの派遣期間に学んだことは数え切れないほどありますが、強いて挙げるなら2つあります。1つ目は「世界を身近に感じること」の意義です。最初に派遣期間と書きましたが、この青少年交換プログラムは留学ではなく親善大使としての派遣です。従って、国際交流が主な目的の一つに挙げられます。現地の友人だけではなく、世界各国出身の友人もできました。その交流を通して、世界のあちこちで起きている問題を他人事ではなく、自分の身近な問題でもあると感じるようになりました。

 例えば年初にチリで暴動があったとき、もしチリ出身の友人がいなければ、私は特に何も強い感情は抱かなかったと思います。しかし友人の話を聞いてから、自分には何ができるのか、世界は自分と繋がっているとの実感を基に、想像力を使うことができるようになりました。

 2つ目は人間関係の重要さです。デンマークの人は私の知っている限りではみんな家族と団欒することが大好きです。なので家族同士の絆も固く、私もホストファミリーに本当の娘のように可愛がっていただきました。

 派遣期間中は辛いことも孤独を感じることも山ほどあります。その時にファミリーや友人に支えてもらいました。彼らがいなければきっと私はくじけてしまっていたであろう場面が沢山ありました。私は自分で全ての問題を解決しようとしてしまうきらいがあるのですが、もっと頼っていいんだよ、といろんな人が手を差し伸べてくれたことは忘れません。

 短い期間ではありましたが、これからの人生に大事にしていきたいことを学び、感じて来られたと思います。
 

デンマークのニューハウンの街並み
デンマークのニューハウンの街並み

秦野版のコラム最新6

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

寄稿

「はだの歴史博物館」誕生に期待を寄せて

郷土史家 小泉孝

1月22日号

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

寄稿

秦野の歴史と文化(財)に想いを寄せて

秦野歴史おこしの会理事長 小泉孝

10月23日号

世界を身近に感じて

寄稿

世界を身近に感じて

5月8日号

ここを先途と

アウトドアと地域振興

ここを先途と

文=山本 哲史

12月21日号

富士山といっしょ

連載を終えて思うこと

富士山といっしょ

輝く人生のために

8月24日号

富士山といっしょ

遅すぎる決断はない

富士山といっしょ

輝く人生のために

7月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の中でハンモック体験

自然の中でハンモック体験

1月24日(日)、大倉で

1月24日~1月24日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク