秦野版 掲載号:2020年6月5日号 エリアトップへ

有志団体ココハダ(ここから秦野)の代表を務める ジェントルゆうすけさん(本名:椎野祐介) 立野台在住 37歳

掲載号:2020年6月5日号

  • LINE
  • hatena

野望は大きく「世界の秦野」

 ○…ココハダは地域活性化のため活動する有志団体。下は10代から上は77歳まで参加し、地域情報フリーマガジン「ココハダ」やユーチューブ公式チャンネル「ココハダTV」での発信、イベントの企画・開催などを行う。コロナ禍の中でもオンラインの活用を模索し、「がんばろう秦野」と題した動画制作や、フェイスブックで立ち上がった「秦野おうちごはん」をアプリ化して利便性向上を図り苦境にある飲食店を応援するなど、歩みを止めず活動する。

 ○…昨年7月、ココハダの3代目代表に。飲食店アルセントロと、コントレイル・マーケットを運営しココハダに協賛広告を出す側だったが、活動と情報発信に興味を持ち参加。編集長も務め、昨年のタウン誌フリーペーパー大賞読者投票部門2位とグルメ部門優秀賞を獲得した。今年3月から活動名「ジェントルゆうすけ」を名乗り、新型コロナをテーマにココハダTVで市長対談を行うなど、自らをキャラクター化し発信力を上げることに力を入れる。

 ○…戸塚で生まれ、小4で秦野に。南が丘中で生徒会長を務め制服自由化に携わるなど、当時からバイタリティに溢れていた。一時はバンドでプロを目指すが、両親が立ち上げた薬局を手伝うため家業に。必要な知識を学び、今も薬局と介護の経営に携わりながら飲食店を切り盛りしている。

 ○…今後の方向性を示すため、団体名を「エンタメ型地域活性化コミュニティココハダLAB」とした。実験のように新しい動きを生み、楽しみながら秦野を活性化させようという思いが込められている。「目標は秦野を世界が知ること。無理は承知だけど、上を見続ければ今を変えられるはず。その中で全国に通用する秦野モデルが生まれたら」と気を吐いた。

秦野版の人物風土記最新6

松本 亮三さん

文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

松本 亮三さん

東海大学名誉教授 68歳

10月23日号

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

秦野市文化団体協議会の会長を務める

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

桜町在住 89歳

10月16日号

小桧山(こひやま) 茂雄さん

秦野茶を使ったクラフトビール「HANOCHA」のプロジェクトリーダーを務める

小桧山(こひやま) 茂雄さん

西田原在住 44歳

10月9日号

竹田 茂さん

9月3日付で秦野警察署長に就任した

竹田 茂さん

秦野市在住 58歳

10月2日号

佐藤 直樹さん

秦野市教育長に就任した

佐藤 直樹さん

二宮町在住 57歳

9月25日号

内田 賢司さん

9月1日付で秦野市副市長に就任した

内田 賢司さん

曽屋在住 69歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク