秦野版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

特別インタビュー 「新しい社会の形」追求を 県対策本部 阿南医師に聞く

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応じる阿南氏
インタビューに応じる阿南氏

 緊急事態宣言が解除され約1カ月。県内の感染者数は低水準で推移し、19日には飲食店などの時短営業を解除する「ステップ2」に移行した。ただ今後、感染の第2波、3波が起きるとの予測もある。これまでの県の取り組みや新たな生活様式などについて、新型コロナウイルス感染症県対策本部 医療危機対策統括官の阿南英明医師に話を聞いた。

――県内の感染状況は。

 「5、6月の新規感染者はほぼ一桁台で推移しており、何とか抑え込めている状況です。入院している患者さんもピーク時の約400人から100人を切りました」

――症状に応じて対応を分類する県の「神奈川モデル」については。

 「がんや慢性疾患、心筋梗塞や脳卒中だって起きる。いかにコロナ禍とは言え、これらは絶対におろそかにしてはならない。これが神奈川モデルを作ったときの最大の理念です。幸い、医療崩壊を未然に防ぐことができています」

――今後の課題は。

 「感染が落ち着いた現状をいかに維持するかです。第2波はほぼ間違いなく来る。再び患者が急増したときにいち早く察知し、次の対策が打てるか。一方、県民や事業者に向けて感染症対策の啓発や仕組みの推進など地道な対策も続けていかなくてはなりません」

――社会に求められる新しい生活様式について。

 「念頭にしなければいけないのは『withコロナ』は続くということです。前の暮らしに戻りたいと思っても、戻っちゃいけない。元の生活に戻る際に生じる『隙』は感染が再び拡大する契機になるからです」

――県民へのメッセージをお願いします。

 「『感染しない、させない社会』を当たり前にしないと、上手にコロナと付き合っていくことはできません。今求められるのは新しい社会の形を追求していくことです」

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter