秦野版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

BOWZTHEATRECLUB-0 秦野拠点に旗揚げ オンライン公演めざし募集

文化

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
地域密着型のミュージカル劇団として行ってきた舞台
地域密着型のミュージカル劇団として行ってきた舞台

 東京や長野で活動してきたミュージカル劇団「BOWSTHEATRECLUB-0(ボウズシアタークラブゼロ)」(蘭(あらき)良太代表)が秦野に拠点を移し、今年6月に旗揚げした。コロナ禍の中でミュージカルの存続をめざし、オンライン公演実施へ向け劇団員を募っている。

 同劇団は1995年、「actmafia.(アクトマフィア)TOKYO BOWZ(ボウズ)」として結成。地域密着型のミュージカル劇団として、地元から役者や大道具などの劇団員を募り、地域の学校公演や祭り、イベントなどで活動してきた。同劇団の公演は全て蘭代表の手掛けるオリジナルミュージカルで、劇作家兼演出家として「愛・夢・絆」をテーマに発表してきたという。

 秦野市に拠点を移すきっかけとなったのは、蘭代表の右腕である制作の藍里なみきさん。秦野市出身の藍里さんが里帰りするタイミングで、劇団も結成25周年を迎えることから「新しい街で、また一から劇団を作り上げていくのもいいのではないか」と新天地で舞台活動を行うことにしたという。これと同時に劇団名を「BOWS THEATRE CLUB-0」に改名し、今年6月に秦野市を中心に湘南地域で活動するチームを「Show-nan. Bro(ブロウ)」を名付け、劇団員の募集をはじめた。

 しかし、新型コロナ感染症の影響を受け、募集は難航。会場に集客してのミュージカル発表もまだ見通しが立たない状況だ。「こんな手探りの状態ですが、秦野や周りにミュージカルを広めていきたい」と藍里さん。蘭代表も「やれることをやっていかないと。まずは新たな劇団としての名刺代わりになるミュージカルを作り、オンラインで発表していきたい。そのために、ぜひ皆さんに劇団員として参加してもらえれば」と話す。

 募集するのは16歳から35歳位までの男女で、舞台に出演する役者のほか、大道具や照明なども募っている。「ミュージカルをやってみたいという情熱のある人なら、初心者でももちろん大歓迎です。技術よりも、本気になって全力を出し切ることで、良い舞台になると思っています」と蘭代表。オーディションは特にないが、レッスンの会場費を全員で負担するためレッスン参加費として1回500円が必要となる。劇団の詳細や問い合わせは、藍里さん【電話】070・4118・2200へ。メールでの問い合わせ(氏名・電話番号を記載)はtokyobowz.shownanshibu@gmail.comへ。

秦野版のトップニュース最新6

善波川で生き物採集

鶴巻小5年2組

善波川で生き物採集 教育

ビオトープづくり目標に

10月23日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月23日号

イオンで神奈川再発見

イオンで神奈川再発見 経済

県と共催 10月18日まで

10月16日号

ジビエでおもてなし

ジビエでおもてなし 社会

鶴巻温泉・大山間のバス運行

10月16日号

ワークステーション開始

秦野市の救急拠点

ワークステーション開始 社会

秦野赤十字で10月12日から

10月9日号

2部制で開催へ

2021年成人式

2部制で開催へ 文化

コロナ対応でライブ配信も

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク