秦野版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

池の水抜き生物調査 ミドリガメも姿現す

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
引き網で捕獲する内水面試験場職員
引き網で捕獲する内水面試験場職員

 市環境共生課と県水産技術センター内水面試験場職員、くずはの家えのきの会水辺分科会が11月10日、今泉名水桜公園の水を抜き、水位が下がった池の水生生物調査と外来種駆除を行った。

 在来の種を圧倒し絶滅に追いやる可能性がある外来種の生息状況を把握するとともに、その駆除を行う取り組み。2年ぶりの調査となり、10月30日には今泉あらい湧水公園、11月5日には震生湖でも実施している。

 今泉名水桜公園では参加者らが池に入り、網で水生生物を捕獲。内水面試験場職員は引き網も使用した。メダカやヌカエビ、コイ、ザリガニなどが捕獲される中、水面に1匹の亀の姿が。市職員が急ぎ捕まえると、甲羅サイズ27cmに成長したミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)だった。

 亀は泥に潜るため発見しづらく、調査中の捕獲は初めて。「縁日などで連れ帰ったが育てきれず放したのでは。恐らくたくさん繁殖していて、水草や他の亀の卵を食べてしまう」と環境共生課は話す。他にも体長60cmほどのコイも捕まった。

 また、内水面試験場職員によると水質は悪くないが、水底の質は2年前より悪くなっているという。水の循環が悪いため底に溜まる泥で水草が育たなくなり、小さな生物の隠れ家や卵を産む場所が減少し生物の多様性が徐々に失われていく可能性がある。

 市では調査結果をまとめ生物多様性地域戦略の資料に活用するとともに、生物多様性保全の啓発につなげていく。

ミドリガメを捕獲する職員
ミドリガメを捕獲する職員

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter