秦野版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

弘法山公園の魅力UPを 愛する会が発足 会員も募集

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
愛する会の会員ら。前列左から2番目が樺島代表
愛する会の会員ら。前列左から2番目が樺島代表

 「弘法山公園を愛する会」(樺島辰彦代表)が5月19日に発足した。当日は、同会の事務局が置かれる(株)コラム建設で発足式が行われ、会員らが出席。会則などが決定された。

 同会は「弘法山公園」を秦野市の観光資産と位置づけ、景観の維持や向上に寄与することを目的としている。もともと、会員の一部は秦野駅周辺のにぎわいを創出する「NPO法人秦野にぎわい創造まちづくり」のメンバーとして様々な活動に参加し、弘法山公園でも景観維持のための草刈りなどを実施してきた。

 今回は、こうした活動を続ける中で、さらに同公園の魅力アップに努め、市民が広く参加できるようにしようと、別団体として発足。NPO法人秦野にぎわい創造まちづくり(久保寺邦夫理事長)や愛弘会名古木(堀川昭夫代表)などを含む7団体40個人で活動をスタートさせたという。

 秦野市が公表している観光統計データによると、弘法山の観光客数は2017年から増加傾向にある。特に昨年は、コロナ禍でハイキングや登山に注目が集まり、のべ50万6768人と前年比47・2%増を記録している。樺島代表は「来てくれた人が『良かった』『また来たい』と思ってもらえるように、観光資源として生かさなければ。行政と協働して、トイレや思い出に残るものを買えるような売店なども整備し、秦野の弘法山を知らしめ、遠くから来てもらえるような場所にしたい」と話す。

 同会は現在、一緒に活動する仲間も募集中。年会費は1口1000円で、同会の活動費に充てられる。参加希望者は事務局(コラム建設内)の鈴木さん【電話】0463・83・8191へ。

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter