秦野版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

【Web限定記事】秦野市 指定管理者候補が決まる カルチャーパーク、おおね公園、文化会館の3施設で

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 秦野市は7月15日、秦野市カルチャーパーク、おおね公園、文化会館の3施設について実施していた指定管理者選定について、候補者及び次点者が決定したことを公表した。

 指定管理者制度とは、公の施設の管理において民間事業者の能力やノウハウを活用し、行政コストの縮減やサービスの向上を目的に行われているもの。秦野市では現在、老人いこいの家4カ所、里山ふれあいセンター、名水はだの富士見の湯の6カ所が指定管理者制度を導入している。

 今回、指定管理者の公募を行った3施設は、制度導入に向け、2020年の秋に民間事業者と意見交換等を行う「サウンディング型市場調査」を実施。これらの結果に基づき、市は今年4月に募集を開始した。

スポーツ施設等の指定管理は2度目

 秦野市カルチャーパーク及びおおね公園については、2006年度から08年度までの3年間、指定管理者制度を導入していたが、09年度からは市直営に戻した経緯がある。

 今回の公募には、3者が申請。事業計画書等の内容を審査・評価した結果、指定管理者候補者はミズノグループ(代表/美津濃株式会社・水野明人代表取締役・大阪市)、次点はシンコースポーツ・小田急電鉄・NTTファシリティーズ共同事業体(代表/シンコースポーツ株式会社・石崎健太代表取締役・東京都中央区)に決まった。募集要項における指定管理料の上限額は年額2億9300万円(消費税等含む)となっている。

文化会館は初の指定管理者導入

 文化会館は、今回が初の指定管理者制度導入となった。

 公募により申請があった4者のうち、候補者に決定したのは、みんなの文化会館はだのパートナーズ(代表/株式会社タウンニュース社・宇山知成代表取締役・横浜市)。次点は株式会社ケイミックスパブリックビジネス(橋本鉄司代表取締役・東京都千代田区)に決まった。募集要項における指定管理料の上限額は年額1億7100万円(消費税等含む)となった。

2022年度から移行

 3施設については、今年9月の秦野市議会第3回定例会での議決を経て、正式に指定される予定。指定管理者による管理・運営の移行は2022年4月からとなる。

秦野版のローカルニュース最新6

秦野たばこ祭2021 各地でメモリアル展示

小中学校等の短縮日課を継続

【Web限定記事】

小中学校等の短縮日課を継続 教育

緊急事態宣言延長に伴う秦野市内の小中学校等の対応

9月17日号

秦野事件簿

【Web限定記事】

秦野事件簿 社会

8月22日〜9月4日

9月17日号

秦野市立東公民館で写真展

【Web限定記事】

秦野市立東公民館で写真展 社会

「あなたが選ぶこの一枚」

9月17日号

ランチタイムコンサート「律の調べ」

【Web限定記事】秦野 最新ライブピックアップ

ランチタイムコンサート「律の調べ」 文化

東海大学前駅 ライブレストラン ミッシェル

9月17日号

上級者6人のピアノ演奏

上級者6人のピアノ演奏 文化

10月3日 クレッセントコンサート

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook