秦野版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

県飲食業生活衛生同業組合 砂場・川口さんが新理事長に

社会

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena
総会で新理事長の挨拶をする川口さん
総会で新理事長の挨拶をする川口さん

 秦野市新町で「手打ちそば砂場」を営む川口浩太さん(77)が、この程神奈川県飲食業生活衛生同業組合の理事長に就任した。

 同組合は1969年に県に認可され、現在県下で飲食業を営む約3200人が加入している。定期的に情報交換を行ったり、研修を受けられるほか、資金の借り入れや経営の相談など、組合員への手助けも手厚い。

 川口さんは愛知県渥美半島の出身。15歳で単身上京し、住み込みでの修行を経て1978年に新町に「砂場」をオープンした。同時に同組合に加入。1994年には理事に就任し、2006年に秦野支部の支部長、2015年に副理事長を務め、今年5月に理事長に就任した。

 ほかにも川口さんは神奈川県食品衛生協会の副会長や秦野伊勢原食品衛生協会の会長、秦野飲食店組合の組合長も務めるなど、多くの団体の長を務めている。新型コロナの影響を酷に受ける飲食業界-、怒涛の時期に理事長に就任となり、組合員への熱い思いを吐露した。

連携深め、支援を強化

 「こんな状況は戦後初めてのことで危機感を持っています。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などが出てあまり動けない中で、いかに組合員さんがお店を継続していくかというところに1番重点を置いています」と川口さん。倒産・廃業してしまう店もでてきているといい、理事長として各店の存続が一番の気がかり。「協力金や助成金をいただいてなんとかつないで、この場をしのいでほしい」。コロナが収束した時にまた前の日常に戻れるように-、「様々な団体とより連携を深めて、いろんな形で支援をしていきたい」と声に力が入った。
 

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

特殊詐欺抑止に向け啓発

特殊詐欺抑止に向け啓発 社会

秦野警察署 下大槻と渋沢で

10月22日号

期日前投票5カ所で

第49回衆議院議員総選挙

期日前投票5カ所で 政治

10月22日号

水墨画の個展初開催

秦野市出身長嶋芙蓉さん

水墨画の個展初開催 文化

ライブパフォーマンスも

10月22日号

学ぼう!減らそう!食品ロス

学ぼう!減らそう!食品ロス 教育

参加募集 11月14日 堀川公民館

10月22日号

震生湖がロケ地に

劇場版「きのう何食べた?」

震生湖がロケ地に 文化

10月22日号

ラケット交わし24人が試合

ラケット交わし24人が試合 スポーツ

車いすテニスニューミックス大会

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook