秦野版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

本多勝昭(ほんだまさあき)の その2 親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 一緒(いっしょ)に勉強(べんきょう)した友(とも)だちが、遠(とお)くから会(あ)いに来(き)てくれました。勉強(べんきょう)や遊(あそ)び、そして将来(しょうらい)のことを話(はな)し合(あ)うのは、本当(ほんとう)に楽(たの)しいことです。共(とも)に学(まな)んだ友人(ゆうじん)は、苦(くる)しい時(とき)も悲(かな)しい時(とき)も相談(そうだん)にのってくれます。若わかい時ときに一生いっしょう懸けん命めい勉強(べんきょう)して、助(たす)け合(あ)い励(はげ)ましあえる良(よ)い友人(ゆうじん)を多(おお)くつくり、日々(ひび)充実(じゅうじつ)を。

▽著者・本多勝昭/元中学校校長、鎌倉論語会館や広畑ふれあい塾などで論語講師を務める。鶴巻南在住72歳。

秦野版のコラム最新6

第5回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第5回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その2

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

9月10日号

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

本多勝昭(ほんだまさあき)の その1

親(おや)と子(こ)の論語(ろんご)

8月13日号

絵本『しらすどん』で作家デビュー

元タウン記者・最勝寺朋子さん

絵本『しらすどん』で作家デビュー

7月16日号

第4回「ビバ渋沢栄一!」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

第4回「ビバ渋沢栄一!」

エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

7月2日号

秦野ぶらり会30周年に寄せて

特別寄稿

秦野ぶらり会30周年に寄せて

会長 石川邦夫

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook