秦野版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

「認知症ってなあに?」 広畑小でサポーター養成講座

教育

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
熱心に耳を傾ける児童たち
熱心に耳を傾ける児童たち

 児童たちに認知症への理解を深めてもらおうという「認知症サポーター養成講座」が10月29日、広畑小学校(柏木敦子校長・児童数137人)で開かれた。

 当日講座を受けたのは、4年1組38人の児童たち。秦野市認知症キャラバン・メイト連絡会の東江文香さんや大根地域高齢者支援センターの職員らが講師を務めた。

 大きな声であいさつをしながら教場に入ってきた児童らは礼儀正しく座り、講師の言葉に熱心に耳を傾けた。まず「認知症とは何か」の説明を受け、認知症の人の行動についてや、正しい接し方を映像を通して学んだ。また、認知症の人への接し方として「おどろかせない」「急がせない」「心をきずつけない」など3つの「ない」を学び、「まずは見守る」「あわてずえがおで」「後ろから声をかけない」など接するときの7つのポイントなど、児童らひとりずつに配布された「キッズサポーター証」の裏面に記載されている内容を確認。さらに秦野市で65歳以上の高齢者に配布されている「見守りキーホルダー」についての説明も受けた。児童らは講師らの問いかけや説明に大きくうなずいたり反応し、積極的な姿勢で学んでいた。

 柏木校長は「このような講座を通して、思いやりの心を持ち続けてほしい」と話した。

キッズサポーター証
キッズサポーター証

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook