青葉区版 掲載号:2017年9月7日号

市中学校夏季野球大会

青葉区選抜が連覇 スポーツ

17日、県大会に出場

優勝した選抜メンバー=同チーム提供
優勝した選抜メンバー=同チーム提供

 横浜市18区の代表チームが参加する横浜市中学校夏季野球大会が8月に行われ、各中学校からの選抜選手で構成した青葉区チームが昨年に引き続いて優勝、連覇を果たした。同チームは9月17日から行われる第9回全日本少年春季軟式野球大会県予選に、市代表として出場する。

 同大会は各区予選を勝ち抜いた18チームが出場。青葉区では、各校の代表選手としての経験を各チームの練習に反映させてもらうことを目的に、昨年度から選抜チームを組んでいる。青葉台中、あざみ野中、市ケ尾中、鴨志田中、すすき野中、桐蔭学園中、奈良中、みたけ台中、もえぎ野中、山内中の10校から、各校野球部顧問が推薦した生徒18人が結集した。選抜チームの宮口優涼監督(青葉台中)は「青葉区のチームとして一体となり一生懸命やることを生徒たちに伝えたかった」と語る。

 チームは8月上旬から練習を開始。試合までの期間は約2週間だったが、練習方法について意見交換をするなどメンバー間で交流しながら練習を重ねた。主将の福島海斗君(青葉台中2年)は「同じポジション同士で話すようになり、段々とチームの仲も深まった」と話す。

 前回優勝チームとして挑んだ本大会。連覇はもちろん「選抜のみんなで協力して困難を乗り越えること」を目標にしていた。特にその思いが実現したのが二回戦。9回裏、相手の万騎が原中(旭区)に1点差をつけられたまま、2アウトのピンチ。しかしゴロや相手のエラーで進塁を重ね、満塁のチャンスに平山直君(山内中)が逆転のヒット。チームみんなでつかんだ勝利だけに喜びも大きかった。決勝戦では浜中学(磯子区)に5対0と快勝し、連覇を果たした。

 県大会には、各地区大会を勝ち上がった16チームが出場する。青葉区選抜は昨年ベスト4。今年の目標は優勝だ。福島君は「チームの気持ちをそろえて1つずつ戦いたい」と意気込む。
 

関連記事powered by weblio


青葉区版のトップニュース最新6件

2018年度の園児を募集!

横浜市認可保育園。キリスト教主義に基づく保育を実施しています

http://www.shalomhoikuen.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

認知症 正しく理解を

認知症 正しく理解を

公会堂でフォーラム

9月26日~9月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク