青葉区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

第9回BFA U-15アジア選手権で日本代表チームのコーチを務める

坂脇 寛人さん

青葉台中学校教員 43歳

一人の人間として勝負

 ○…11月1日から伊豆市で行われる15歳以下の軟式野球アジア選手権に、日本代表チームのコーチとして参加する。普段は青葉台中学で保健体育の授業と野球部を教える教員。5年前に港北区の中学選抜チームを監督として全国大会に導いた実績を買われ、今回声がかかった。「私で務まるのかと思ったけれど、オファーは野球人として幸せなこと」と笑顔。大会では技術面の指導のほか「選手たちが力を発揮できるような雰囲気づくりに努めたい」。日の丸を初めて背負い、4大会ぶりの優勝を目指す。

 ○…神奈川区出身。六角橋中学、港北高校で野球に青春をささげた。高校3年の時にはキャプテンとして「自ら黙々と練習し、背中で見せる」日々。教員を目指そうと思ったのは、中学2年時の担任の存在。「やんちゃだった自分に本気で怒り、時には一緒に泣いてくれて。先生の人柄にふれて、いいなと」。教員になり今年で18年目を迎えた。

 ○…「ダメなことをした時はガツンと言う。それが自分の役割」と話す「怖い先生」。生徒たちには「なぜ怒られたのか今は理解できなくても、社会に出たときに気づいてもらえれば」。野球部の練習も厳しいが、努力して成果を得られたときの喜びを感じてほしいという思いから。「『先生』の側面だけでなく、一人の『人間』として生徒に接したい」と語る口調は熱を持つ。

 ○…「社会人は100点満点で初めて対価がもらえる。120点の仕事をしないと次の仕事が来ない」。教員になる前に勤務した一般企業で上司に言われた言葉が、今も教訓だ。「指示待ちではなく、プラスアルファをして個性を出すこと。自分にも生徒にも言い聞かせている」。その思いはきっと日本代表でも伝えていくのだろう。家に帰れば家族思いの父。中2の娘と小5の息子がやっているラグビーの試合の応援に行くことも。「妻には『部活ばっかり』と言われる」と照れるが、優しい一面が垣間見えた。
 

関連記事powered by weblio


青葉区版の人物風土記最新6件

川邊 優喜さん

「世界パズル選手権」日本代表の

川邊 優喜さん

10月5日号

松下 光一さん

もみの木台自治会長として10月1日の「もみの木フェスタ」を主催する

松下 光一さん

9月28日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

9月21日号

遠藤 ふき子さん

横浜あざみロータリークラブ新会長に就任した

遠藤 ふき子さん

9月14日号

市川 紀子さん

(株)有隣堂の社員としてビブリオバトルの企画に取り組む

市川 紀子さん

9月7日号

後藤 斉由(なりよし)さん

横浜あおばライオンズクラブの会長に就任した

後藤 斉由(なりよし)さん

8月31日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク