都筑区版 掲載号:2011年6月2日号

被災地の野球少年を応援 文化

寄付で募った野球用具を子どもたちへ

 池辺町在住で区内少年野球チーム監督を務める下郡稔さんが5月18日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県仙台市の少年野球連盟事務局を訪れ、被災地の子どもたちのために野球用具を届けた。

 きっかけは、知人を通して受けた同連盟からの連絡。「被災地の子どもに野球をさせてあげたい」という同連盟の思いに共感し、神奈川県を中心に寄付を募った。バットとグローブがそれぞれ300、他にもボールなどが寄せられた。

 これらの品は、同連盟のスタッフによって、同市や陸前高田市、大船渡市などの子どもたちに直接手渡された。ほとんどの子どもたちにとって、野球用具を手にしたのは震災以来初めてのこと。大喜びで野球を楽しんだ。

 下郡さんは、「ご協力いただいた方には本当に感謝しています。これからも野球を通して支援を続けたい」と話した。
 

都筑区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第8回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    8月17日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/