戸塚区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚町出身東大・宮台投手ドラフト指名、球友へ報告日ハムでの活躍誓う

スポーツ

宮台投手(中央下)を囲む当時の指導陣
宮台投手(中央下)を囲む当時の指導陣
 2017年プロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから7位指名を受けた戸塚町出身の宮台康平投手(東京大学)。11月5日、小学生の頃に所属していた「戸塚ホークス」の常盤雄一郎監督をはじめコーチ陣、元チームメイトらに、ドラフト指名を報告した。

 「おめでとう」「本当に良かったね」――。戸塚駅近くの居酒屋に集まったかつての仲間たちは、宮台投手を囲み、次々に祝福の声をかけていた。

 この日集まったのは、戸塚ホークス(現・戸塚ACFホークス)の監督や元チームメイトら約30人。宮台投手にとっては小学生の頃以来の再会もあり、思い出話に花を咲かせていた。

 当時チームのキャプテンを務めた鈴木智裕さんは「当時から頼れる選手で、野球への情熱も人一倍。一緒に野球ができたのが誇りです」と嬉しそう。また宮台投手の父・忠さんは「こうした応援は父としても本当にありがたい。プレッシャーもあると思うがマイペースにやっていってほしい」とエールを送った。

性格にも「素質」

 宮台投手が野球を始めたのは戸塚小学校3年生の頃。「球は当時から一級品だった」と振り返るのは、同チームの常盤雄一郎監督だ。当時のポジションは外野が中心だったが、腕の振りの速さやしなやかさは、特筆すべきものがあったという。それを生かそうと、高学年になる頃には投手に育てるため練習を始めたが、コントロールに苦戦した。

 雄一郎監督の弟で、当時コーチを務めた哲哉さんは「当時はとんでもない方向にボールを投げていたよ」と苦笑。それでも野球への意欲は人一倍強く、一生懸命に練習する姿が印象に残るという。「成長を褒めると『まだまだ上に行けます、見ていてください』と返ってくる。性格的にもすごい素質を持っていた」と話す。

東大6人目のプロへ

 宮台投手はこうした生来の負けん気を発揮し、戸塚中学校や湘南高校でも野球と勉強を両立し、東京大学文科一類に現役合格した。

 東大入学後は最速150キロの直球を武器に、硬式野球部のエースとして活躍した。東京六大学野球には38試合登板。昨年4月の春季リーグ早大戦では13奪三振し、東大記録を70年ぶりに更新した。

 また今秋の東京六大学秋季リーグでは、15年ぶりの勝ち点獲得に貢献。さらに3年夏には東大から2人目となる日米大学野球の日本代表に選ばれた。

 プロ入りが実現すれば、東京大学出身者で6人目のプロ野球選手となる。文武両道を続けながら数々の記録を打ち立てた先輩の姿に、戸塚ACFホークスの児童からは「目指したい先輩」「自分もこんな選手になりたい」という声が上がる。

 かつての球友や恩師に背中を押された宮台投手は「これからも応援してもらえるよう一生懸命がんばります」と話していた。

戸塚区版のトップニュース最新6件

関東大会 初出場へ

舞岡中女子ソフトボール部

関東大会 初出場へ

11月16日号

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月9日号

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月2日号

空室に交流スペース

川上第一団地自治会

空室に交流スペース

11月2日号

坂井氏が4選果たす

衆院選神奈川5区

坂井氏が4選果たす

10月26日号

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

10万個のイルミ輝く

10万個のイルミ輝く

東戸塚駅周辺で点灯

11月4日~1月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク