鶴見区版 掲載号:2012年4月26日号

ガールスカウト

県1団(鶴見)が存続危機 社会

会員数激減で黄信号

楽しみながら大切なことを学ぶ
楽しみながら大切なことを学ぶ

 自分で考え、行動できる女性を育てることを目的に活動するガールスカウト。鶴見には、県内で初めて登録されたガールスカウト神奈川県第1団=野口幸子団委員長=がある。登録から60年あまり、歴史ある1団は現在、会員数5人と存続の危機に立たされている。運営を支える指導者らは会員確保に奔走中だ。

 ガールスカウトは、アメリカから伝わった、少女や若い女性への社会教育活動団体。日本連盟は92年前に発足している。

 第1団は1949年8月発団で、登録は県内で最も古い。会員数は、最多時で100人近かったがここ数年減少。今年度、過去最少の5人となった。全国的にも減少傾向が進むが、「極端に少ない状況」という。

背景に習い事化

 「スカウト=(イコール)キャンプのイメージ。習い事として位置づけている保護者も多く、キャンプらならお金を出せばどこでもできると、別の習い事を選び、退会するケースが増えた」。運営委員の岩上まさみさんはそう話す。多様化する習い事に加え、社会教育活動として習い事とは違うガールスカウトの活動が正確に伝わっていない現状が背景にあると推測する。

結果10年先に

 活動は、子どもたち自身が興味をもとに組み立てることがほとんど。キャンプの際も、食材調達のためのゲームを取り入れるなど、楽しみながら取り組む。

 「スカウトは、体験を通して学ぶことが多い。様々な年代の人と関わりながらリーダーシップを覚えるなど、人数は多い方がいい」。会員として同団で成長し、現在は指導者となった野尻美紀さんは語る。

 会員の保護者からは、「消極的な性格だった子どもが、学校で生徒会に入るまでになった」といった声が上がる。野口団委員長は、「女性ならではの気品や品格が自然に身に付く。結果は5年、10年先に出ることもある」と、継続する意義に熱を込める。

 来年には説明会を企画する同団。5月20日には、山下公園でガールスカウト横浜地区主催のイベントもあり、会員確保に向け努力する日々は続く。(問)045・332・6105野口さん
 

鶴見区版のトップニュース最新6件

「緊急避難場所」を指定

横浜市

「緊急避難場所」を指定

1月19日号

エレベーター工事に遅れ

国道15号鶴見地下道

エレベーター工事に遅れ

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

「みどりの社会貢献賞」受賞

キリンビール横浜工場

「みどりの社会貢献賞」受賞

1月12日号

生麦の魅力 歩いて発見

増える人口 対応する施策を

新春区長インタビュー

増える人口 対応する施策を

1月5日号

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

鮮魚に青果、名物料理ズラリ

生麦で旧東海道まつり23日に

11月23日~11月23日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク