中原区版 掲載号:2017年7月14日号

釜山国際子供・青少年映画祭で入賞した作品『学校は二度死ぬ』で脚本・監督を務めた

石井 理子さん

平間中3年 

映画監督に前のめり

 ○…KAWASAKIしんゆり映画祭の中学生が映画を制作するワークショップで、昨年の脚本・監督を務めた。その上映作品『学校は二度死ぬ』が釜山国際子供・青少年映画祭で入賞作品となり、韓国で行われている同映画祭に出席する。当日は監督としてゲストトークにも臨む。「隣の国の学生が選んでくれたことは嬉しい。何を話すかはこれから決めます。英語で話さなきゃいけないので緊張する」と話す。

 ○…きっかけは一枚のチラシだった。昨春、学校でワークショップの募集を知り、映画好きなこともあって、すぐに応募を決めたが、詳細を見ると申込締切は翌日。条件には脚本の持参が明記されていた。「テスト期間中で脚本を書く時間がないし、撮影で夏休みはつぶれるし、ちょっと迷った」と躊躇したが、翌朝には、脚本を手に説明会に参加。監督には自ら立候補した。「はじめから監督をやりたかった。撮影、照明、録音、美術など全てできるのが魅力」と目を輝かせる。

 ○…平間中では美術部に所属。コンクールに出品する作品の制作に忙しい。最近は海外の魅力に取りつかれており、「欧米の文化や建物を本で見たり知ったりするのが面白い」とにっこり。中3で進路に迷う時期だが、「映画の道には進めたら進みたいな」と謙虚。「ひとまず、第一志望の高校に受かるために受験勉強がんばります」と意気込む。

 ○…初めての映画制作は「最初は何をどうしていいのかわからなかった」と戸惑ったが、真剣が故に仲間と意見がぶつかりあうことも。「でも、最終的に映像になったときは感動した。みんなに助けてもらったからできました」と振り返る。人前で話すのが苦手だったが、制作を経験して克服。「監督はみんなの前で意見を言わなきゃいけない。逆に得意になりました」と照れ笑い。今年度も監督としてメガホンを握る。「今作の反省が沢山ある。それを活かして作りたいですね」

関連記事powered by weblio


中原区版の人物風土記最新6件

高橋 功さん

演劇集団「ゴミ拾い侍」をプロデュースし、全国で活動の場を広げる

高橋 功さん

7月7日号

吉田 靖さん

川崎市緑化センターの所長に今春就任した

吉田 靖さん

6月30日号

富永 夏子さん

世界でハンセン病の患者などを撮り続けるフォトグラファーの

富永 夏子さん

6月23日号

宮前 尚子さん

中原消防団消防大会の小型ポンプ操法競技に女性で初めて出場した

宮前 尚子さん

6月16日号

小山 均さん

メディアコーディネーターとして川崎市の事業を広報面などからサポートする

小山 均さん

6月9日号

中山 純史(じゅんじ)さん

4月に市民ミュージアムの館長に就任した

中山 純史(じゅんじ)さん

6月2日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/