さがみはら中央区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

打線繋がらず、初戦敗退社会人野球 相模原クラブ

スポーツ

二塁打を放つ河野選手
二塁打を放つ河野選手
 田名の社会人野球チーム「相模原クラブ」(藤田眞三代表)は2日、サーティーフォー相模原球場で全日本クラブ選手権神奈川県予選兼都市対抗野球神奈川県1次予選の1回戦・茅ヶ崎サザンカイツ戦に挑み、3対7で敗れた。

 試合は先発・高橋寛基投手が4回までを0点に抑えていたが、5回に集中打を浴び3点をリードされる。追い付きたい相模原はその裏、ランナー一人を置いた場面で9番河野陸選手が2塁打を放ち1点を返す。波に乗りたい相模原だったが、6回にまたしても3点を追加され、その後はヒットを放つも散発に終わり初戦敗退となった。

 試合を振り返り相模原の岩永一志総監督は「負けはしたが、投打ともに戦力は充実してきたので、次の大会に向かっていきたい」と話した。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク