さがみはら中央区版 掲載号:2017年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

徳島インディゴソックス伊藤 克の挑戦四国からの「下剋上」VOL.3 前期プレイバック&選抜試合編

スポーツ

伊藤克投手/178cm/93kg/相模原市中央区田名出身。中学では「相模原リトルシニア」で活躍し、強豪校から声がかかるも家庭の事情で進学を断念。中学卒業後は働きながらクラブチームでプレーし、トライアウトを経て今年から野球の独立リーグ・四国アイランドリーグPlusの徳島インディゴソックスに加入した
伊藤克投手/178cm/93kg/相模原市中央区田名出身。中学では「相模原リトルシニア」で活躍し、強豪校から声がかかるも家庭の事情で進学を断念。中学卒業後は働きながらクラブチームでプレーし、トライアウトを経て今年から野球の独立リーグ・四国アイランドリーグPlusの徳島インディゴソックスに加入した
優勝&防御率1位「完璧」に近い前期

 「思い通りの前期だった」。電話口から聞こえた声には、その言葉以上に自信と充実感が溢れていた。

 4月に開幕し全34試合を戦ったリーグ戦前期。伊藤投手の所属する徳島は活発な打線と、安定した守備で優勝した。今季トライアウトを経て入団した伊藤投手は、開幕から中継ぎの柱として大活躍。最速147Kmの速球を軸に12試合に登板し、先発の1勝を含む3勝1敗。防御率は脅威の1・09と、新人ながら防御率リーグトップの成績を残した。

 「彗星の如く」現われた剛腕には注目が集まり、前期終了後にはリーグの選抜選手に選出。20日から3日間、都内の球場でプロ野球の2軍選手らで構成される選抜チームと対戦する機会を勝ち取った。当日は多くのスカウトが来場し、過去にはこの舞台を経て四国から「夢の舞台」へ上り詰めた選手も多い。伊藤投手は試合を前に「圧倒したいです」と息を荒げ、東京に乗り込んだ。

「50点」の出来も、刺激多く

 四国から約10時間をかけてのバス移動。疲労の蓄積する中、3連戦が始まった。一球でも多く投げ、アピールしたいところだったが、第1戦は登板の機会がなく、第2戦は荒天中止。全てを第3戦に託した。

 出番は9回表。8回裏に2点ビハインドの四国選抜が同点に追いついた直後。打線の勢いそのままに、チームを逆転に導く投球が求められた。「雰囲気がいつもと違い緊張していた」と話す伊藤投手は、先頭打者に対して自慢の速球を軸に攻めるも、ショートのエラーで出塁を許す。

 その後送りバントで1死2塁とされるが、3人目にはこの日最速の138Kmを記録し、セカンドゴロに。「0封」目前の2死3塁。「狙われていた」と後悔する初球のスライダーが甘く入り、レフト前に弾き返され逆転を許す。ただ、その後は後続を抑え最小失点で切り抜けた。試合は特別に10回まで行われたが、スコアは動かず4対5で敗戦となった。

 試合後「50点くらい」とうなだれながら自らの投球を振り返った。緊張もあり、球が思うように走らなかった。しかし、選抜に選ばれ、他球団の選手とも初めて交流し大きな刺激を受けた。7月末からは後期日程が始まる。落ち込んでいる暇はない。「いつでも挑戦者の気持ちで向かっていきます」。最後にそう語った目線は、しっかりと上を向いていた。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リレー講演など盛り沢山

リレー講演など盛り沢山

11月23日 宇宙フェスタ

11月23日~11月23日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク