横須賀版 掲載号:2017年3月10日号

地域で見守る常設拠点を 社会

寄付募り、子どもの居場所

池上の開設予定地で代表の和田さん(写真右)ら
池上の開設予定地で代表の和田さん(写真右)ら

 「また、明日もおいで」と言える居場所を作りたい――。市内で子ども食堂を運営する市民らが、常設の子ども支援拠点を作ろうと奔走している。道すがら気軽に立ち寄れて、地域の人が親のように見守る「みちおやの家」と名付けた。すでに、池上地域で物件を確保しており、改装や運営の資金をクラウドファンディングで募っている。

 ここ数年、国内で広がる「子ども食堂」。貧困家庭や孤食の子どもに、無料や安価で食事を提供する取り組みで、市内でも昨年8月から、市民有志が久里浜・衣笠コミュニティセンターで月1回「Yokosuka子ども食堂」を開催している。活動の中心となっているのが、食生活支援団体「お結」代表の和田信一さん。「子ども支援に何かできないか」と市外から移り住み、団体を立ち上げた。池上地域では、介護施設を使った子ども食堂の立ち上げを後押しし、中学生の学習支援にも携わっている。

「みちおや」とは

 定期的に食堂を催す中で「笑顔でご飯を食べ、遊んで帰っていく。ただ、月1回の開催で本当に寄り添うことができているのか」「学校には行きたくない…という話を聞いてあげられても、いつでもおいでと言えない」―と、支援に限界も感じた。

 常設の居場所を作りたいと、動き出したときに出会ったのが、ノンフィクションライター北村年子さんの講演。貧困問題に取り組んでいる北村さんの「地域のみんなで子どもを育てる”道親(みちおや)”になろう」「わが子であってもなくても、出会うひとりひとりが守り育てる親に」という呼びかけに、「これだ」と確信した。「横須賀で体現する拠点を作れないか」との想いに、池上で子ども食堂を立ち上げた宮原暁子さん、施設を会場として提供している介護サービス会社の嘉山仁さんらも賛同。北村さんもスーパーバイザー役を買って出てくれた。「食事の提供に加え、自分の家や学校に居場所がない、親に甘えられない子も気軽に立ち寄れる拠り所になれば」と話す。

目標は100万円

 池上4丁目にある平屋を賃借し、5月の開設を目指している。室内の改装や設備、運営費用の一部をクラウドファンディングで賄う。100万円を目標に、期限は4月28日(金)まで。運営に関しては、NPO法人化を視野に入れており、和田さんは「まずは続けることが第一。そして、地域の大人が支援しやすい拠点にしていきたい」と話している。

 詳細は、HP「Readyfor」のプロジェクト「池上みちおやの家」で検索。
 

関連記事powered by weblio


不動産活用の新提案

ウスイホーム設計・施工の高齢者施設。9月23日・24日に完成披露会

http://www.usui-home.com/housing/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

犬と人間の絆「ハチ公物語」

上映会

犬と人間の絆「ハチ公物語」

16ミリ試写室の企画で

9月30日~9月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク