横須賀版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

ヨコスカバレー起業体験事業中高生が経営者に会社設立、産業まつりに出店

教育

 「事業計画を作って株式会社を設立し、販売を手掛けて決算書類を作成」―。中高生を対象にした、疑似起業体験プログラムが企画されている。ヨコスカバレーの主催で、舞台となるのは11月に三笠公園で行われる「よこすか産業まつり」の出店ブース。「市内の中高生に、本物のビジネスを体験してほしい」と参加者を募っている。

 起業支援や企業誘致、学生へのICT教育などを手掛ける市内企業等で組織する、ヨコスカバレー構想実現委員会。その中の専門チーム「起フェスユニット」は、中高生を対象にした起業体験の提供を主な事業としている。

士業専門家が支援

 「こども起業体験」の実践舞台となるのは、産業まつりの模擬店。参加者は6人でチームを組み、内容や販売プランなどのビジネスアイデアを練り、事業計画を作成する。飲食物販やワークショップなどを想定しているが、「実現可能か、楽しんでもらえるものか、収益がとれるか―など経営者目線で」と運営に携わっている飯田一弘さん(ミテモ株式会社)は話す。

 計画が固まったら、投資家役に対して出資を募り、疑似的な株式会社を立ち上げる。仕入れや商品開発を経て、11月11日・12日の本番を迎える流れ。終了後は「損益計算書」「貸借対照表」などの決算書類を作成し、株主総会を開いて出資者に分配。会社を解散し、プログラム終了となる。帳簿の記入など一連の過程を体験する中で、司法書士や公認会計士、税理士などの専門家からアドバイスも受けられる。

主体的な学びの場

 模擬店出店で、「働く・稼ぐ」だけでなく、経済の仕組みについて理解を深めることが目的。教育現場で、主体的に考え仲間と協力しながら課題を解決していく学習法「アクティブ・ラーニング」が注目される中、「ゼロから計画を立ち上げ、事業戦略や書類作成など生きたビジネス体験を通して、思考力や判断力を育んでほしい」と飯田さん。また、チームとして事業に取り組むことから、社長役や開発・営業担当など、自分に向いている働き方やコミュニケーション力を学ぶ機会にもなるという。

 参加対象は、市内または近隣に在住・在学の中高生。参加無料だが”持ち株”として投資金1人1千円が必要(終了後に返還予定)。全日程(6日間)の参加が必須で、事前準備は10月14日・15日・22日の午前10時から午後5時、会場は汐入駅前の産業交流プラザ。産業まつりに2日間参加し、11月19日に決算など総括を行う。

 事前説明会を9月9日(土)午後1時から同プラザで開催。グループの参加も可。詳細は運営事務局【電話】03・3518・0611

横須賀版のトップニュース最新6件

収穫体験 戦跡見学の二枚看板

西浦賀の砲台跡

収穫体験 戦跡見学の二枚看板

11月17日号

「ポケモン」探して未病改善

「海の玄関口」集客の拠点に

久里浜港

「海の玄関口」集客の拠点に

11月10日号

「テレワーク」で業務効率化

商工会議所

「テレワーク」で業務効率化

11月10日号

寄生虫研究で県知事賞

学生科学賞

寄生虫研究で県知事賞

11月3日号

 空き家活用し地域交流

追浜

空き家活用し地域交流

11月3日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク