鎌倉版 掲載号:2011年6月10日号

EM団子で池を浄化 社会

玉縄の谷戸池で

子どもから高齢者までみんなで団子作り
子どもから高齢者までみんなで団子作り

 大船観音寺の裏手に位置する谷戸池の”浄化作戦”が今月4日、地域住民らによって行われた。

 この取り組みは、有用微生物群であるEM菌を混ぜた土団子を池に入れ、その微生物の働きで水質浄化に役立てようというもの。

 2002年から毎年6月と10月の年2回、行われている。

 この谷戸池は、元々農業用水の溜池だった。周辺の住宅化が進み、一時生活排水も流れ込んでいたことから水質悪化が激しく、悪臭を放つなど地域の問題になっていたという。

 そこで住民が集まり20年ほど前に「谷戸池を良くする会(菅原政夫会長)」が発足、水質浄化に取り組んできた。その後、(株)イーエムジャパン(市内大船)の信国祐介社長と出会い、EM菌を活用した浄化を開始した。現在では、カルガモやマガモをはじめ鯉やカメなどが生息し、悪臭もなくなっている。

 今回参加した地域住民は「みんなの力で谷戸池を管理していければ」と話した。

 このEM土団子は、菌発酵後に池に投入される。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若年性認知症の体験聞く

若年性認知症の体験聞く

19日、市福祉センターで

11月19日~11月19日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク