大磯・二宮・中井版 掲載号:2013年11月8日号

連載 第1回

八重と蘇峰

徳富蘇峰記念館学芸員 塩崎信彦

大江義塾時代(明治18年)の蘇峰23歳
大江義塾時代(明治18年)の蘇峰23歳

”終生の師”新島襄とその妻

 徳富蘇峰(とくとみそほう・1863-1957)は、明治から昭和にかけて活躍した新聞人・ジャーナリストです。明治20年に総合雑誌「国民之友」、そして3年後に「国民新聞」を創刊し、以降亡くなるまでの約70年間、自らの論説を間断なく紙面に書き続けました。その活動は多岐にわたり、言論人はもとより思想家、歴史家としても高く評価されています。

 熊本の惣庄屋の長男として生まれた徳富猪一郎(後の蘇峰)は、熊本洋学校から13歳で京都の同志社英学校に入学、そして終生の師となる新島襄(1843-1890)と出会います。

 昨年、その恩師である新島襄の妻・新島八重(1845-1932)がNHK大河ドラマ「八重の桜」のヒロインに選ばれるや、にわかに蘇峰とその周辺にも注目が集まりました。徳富蘇峰抜きには八重の実像は描けないとの理由からです。蘇峰は新島襄亡き後の八重を40年以上にわたり支えました。彼女が86歳の生涯を閉じた際には、「新島(襄)老婦人の永眠」と題する追悼記事を新聞に掲載し、「一個の女性としても日本女性の誇りとするに足る一人であった」と称えました。

 当館では、資料が少ないことで知られる八重さんのそれを幅広く揃え、特別展「新島八重からの6通の手紙展」を開催中(12月23日迄)。ご来館の皆様にドラマ登場人物からの”時を超えた”手紙が運ぶ不思議な魅力を感じていただいております。

 二宮町にある徳富蘇峰記念館の学芸員・塩崎信彦さんが、新島八重と蘇峰について4回シリーズで紹介します。
 

大磯・二宮・中井版のコラム最新6件

「すべては親」

子育ての語らい㊳

「すべては親」

9月9日号

そのやめどき、間違っていませんか?

子育ての語らい㊲

そのやめどき、間違っていませんか?

7月1日号

子供の成長、お母さんが邪魔していませんか

習いごとを決めるとき…ブランドで決めない

子育ての語らい㉟

習いごとを決めるとき…ブランドで決めない

5月27日号

勝負の世界に挑むということ  後

子育ての語らい㉞

勝負の世界に挑むということ 後

4月8日号

勝負の世界に挑むということ前

子育ての語らい㉝

勝負の世界に挑むということ前

3月18日号

関連記事(ベータ版)

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「うつわ」巡り楽しんで

「うつわ」巡り楽しんで

大磯町内49会場に展示

10月27日~10月29日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク