青葉区版 掲載号:2011年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

実績は日本トップクラス "無料の耐震診断"で地域貢献目視の確認が「精度の高さ」の要に 対象は平成12年以前の建物 「アイジーコンサルティング」

 3月の震災発生後から、東北にボランティアを派遣し続けた企業がある。都筑区池辺町にある『アイジーコンサルティング(横浜支店・本社/静岡県浜松市)』。その数は総勢100人。同社は国交省認可の日本木造住宅耐震補強事業者協会で理事を務めるなど、耐震に関するプロフェッショナルが揃う。この派遣を「自分たちがやるべき社会貢献」と位置づけ取組んできた。そこでは今一度”耐震”に関する必要性を実感した。 同時に、自分たちが働く街ではどうか?という疑問が心に浮かんだ。【耐震=安心】という認識。「復興支援で学んだ教訓を地元で広めたい」これが同社の考えだ。

1月末まで無料に

 平成24年1月末までに受付する”耐震診断(通常5万2500円)”を無料で実施する。対象は、建築基準法が見直され、耐震基準も改正された『平成12年以前の建物(木造在来)』。もちろん横浜市が実施する耐震診断もあるが、これは昭和56年以前のいわゆる旧耐震基準の建物。平成12年の改正を考えると、この間に施工された住宅は現行の耐震基準を満たしていない可能性が高い。同社では診断内容のみならず、数十ページの詳細な報告書を提出。これまでの住宅診断実績は「8563件」。この機会なら、市が行う耐震診断の「セカンドオピニオン」としても有効活用できる。

徹底した検査安全への思い

 診断方法は”目視”が基本。建築士など有資格者が2〜3時間かけて天井裏、床下に入る。解析機は当然使用するが、図面だけでは分からない「シロアリ被害」や「基礎のひび割れ」「接合部の金物不足」など、細部に渡る検査が実施される。

 同社のある社員は「私のボランティアはちょうど七夕の頃。短冊に書かれた『もう一度子どもに会いたい。3月10日に戻してください』という言葉が今でも心に。だからこそ、私たちは今出来る安全への地域貢献を行っていきたい」と力強く話した。※無料診断申込者には小冊子が進呈される。
 

㈱アイジーコンサルティング 横浜支店

横浜市都筑区池辺町3984-1

TEL:045-938-4561

http://ig-yokohama.jp/ http://www.ig-consulting.co.jp/

つよく、ただしく、のびのびと

豊富なカリキュラムで子どもの可能性を引き出します

http://www.yokohamasakura.ac.jp/index2.html

桐蔭学園幼稚部 来年度園児募集

9/6(木)、20日(木)見学会・給食試食会※WEB予約制。詳細はHPで

http://toin.ac.jp

ナザレ幼稚園

自然、愛情、文化との出会いを大切にし、未来に希望を持って生きる力を育みます

http://shion-gakuen.ed.jp/nazare/

成功体験溢れるみたけ台幼稚園

自己受容・自己発揮・他者支援ののびのび教育。未就園児親子の交流も盛んです!

http://www.kidslink.jp/mitakedai/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

藤が丘幼稚園で「わくわく運動会」

今年開園50年

藤が丘幼稚園で「わくわく運動会」

8月30日号

高齢期の住み替え 知っておくべきポイントとは?

神奈川県住宅供給公社 主催 シニアライフセミナー

高齢期の住み替え 知っておくべきポイントとは?

8月30日号

創立20周年の特別料金に

長津田駅そば

創立20周年の特別料金に

8月30日号

ロボが集結 操縦体験も

東京工芸大学プレゼンツ『ロボフェス2018』

ロボが集結 操縦体験も

8月23日号

優しく子どもらしい心を育てる

住み心地のよいくつろぎ空間

ハートランド・エミシア横濱旭 住宅型有料老人ホーム

住み心地のよいくつろぎ空間

8月23日号

本決算ファイナルセール!

8月31日まで展示家具、インテリア雑貨が最大50%オフ

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

版画で「宇宙の華」表現

版画で「宇宙の華」表現

はやぶさ2の講演も

8月19日~9月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月30日号

お問い合わせ

外部リンク