青葉区版 掲載号:2012年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市・東急電鉄(株) 『次世代まちづくり』始動 住民参加の初フォーラム

『次世代まちづくり』がスタートした美しが丘の住宅街
『次世代まちづくり』がスタートした美しが丘の住宅街

 先月、横浜市と東急電鉄(株)による、高齢化や住宅の老朽化が進む郊外住宅地を再活性化する事業『次世代まちづくり』のモデル地区に決定した、たまプラーザ駅北側地区(美しが丘1丁目〜3丁目)。その第一歩として今月14日、街づくりを研究する大学教授、モデル地区住民らが参加するキックオフフォーラムがたまプラーザテラスで開催された。当日は、住民から様々なアイデアが集まった。

 駅前は開発が進んだ一方、住宅地では高齢化などが進み始めている、たまプラーザ。そこで市と東急電鉄(株)は今年4月に、高齢者が住みやすく、若い世代も呼び込める住宅地の再生を目指す事業協定を結んだ。

 モデル地区決定後、街の声を聞く初の場となった今回のフォーラムには約200人の住民らが参加した。

住民アイデア集まる

 当日は、「住み続けている理由」「10年後の気がかり」「街づくりのアイデア」をテーマに住民たちから意見を収集し。様々な思いが集まった。

 「地域活動が盛ん」「歩車分離道路がある安全な街」などの意見が出た一方、「坂が多く移動が厳しい」「高齢化で自治会の運営が心配」といった現状が明らかに。今後の街づくりについては、「買い物代行」「自宅を開放して交流場所にする」「シャトルバスを走らせる」などの意見が出た。

 その後、住民アイデアを参考に、美しが丘地区民生委員・主任児童委員の関哉子さん、たまプラーザ連合商店会・中央商店街副会長の松本茂さん、東急電鉄(株)担当者らによるパネル討論を実施。「空き家に新たな交流場所を作るなど、人の流れを作る仕掛けが必要」といった意見が交わされた。

 市と東急電鉄(株)は今回集まった意見をもとに、次世代まちづくり構想を完成させるワークショップを今年度中に4〜5回開催する。

 フォーラムに参加した男性は「高齢化以外の街の現状も見えた。今後の街づくりが楽しみ」と話した。
 

付箋に書かれた住民の意見を掲示
付箋に書かれた住民の意見を掲示

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク