青葉区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区中学サッカー 女子チームが新設 協会主導で区内初

横浜青葉女子ジュニアユースのメンバー
横浜青葉女子ジュニアユースのメンバー

 青葉区サッカー協会(藤島栄子会長)はこのほど、女子中学生を対象とした「横浜青葉女子ジュニアユース」を発足させた。青葉区内で女子中学生チームの誕生は初めて。区内中学校には女子サッカー部はなく、女子選手の新たな受け皿となることが期待されている。

 青葉区内にはこれまで、女子中学生を対象としたチームはない。サッカーをしたい生徒は、区外の女子クラブチームや地元公立中学校のサッカー部で男子生徒と一緒に活動を続けるしか方法がなかった。しかし、クラブチームへ加入するには選手のセレクションがあり、未経験者の入会は難しい。また、部活動では男子生徒と競い合うので、女子選手が試合に出場できる機会が少ないのが現状だ。

 青葉区サッカー協会はこの状況を踏まえ2013年1月から、競技経験の有無に関らず、身近な場所で活動できるチームの設立に動き出した。2月には体験練習会を実施。現在9人の選手が活動を行っている。横浜青葉女子ジュニアユースの監督を務める山田告人さんは「レベルは低くない。このチームから将来、世界で活躍する選手が出てくれたら非常に嬉しい」と話す。小学1年生からサッカーを続けている京楽歩希(あゆね)さん(鴨志田中1年)は「チームで公式戦に出場できるので嬉しい。練習や試合をたくさん行い、競技者としてレベルアップしていきたい」と話している。

 同チームは5月、区サッカー協会が主催する女子大会に出場する予定。また、6月からは、神奈川県サッカー協会が主催するU-15リーグへ参戦する。

 同チームの詳細などは、青葉区サッカー協会・太田和雄さん(【携帯電話】090・5204・3877)へ。
 

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月29日号

子育て拠点 市ケ尾にも

被災地と中継し講座

星槎大学

被災地と中継し講座

3月22日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

「居場所づくり」全国で発表

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク