青葉区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

桐蔭中等 模擬国連部 米大会へ 全日本で最優秀大使賞

教育

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena
出場する真坂君(右)と岡野君(中央)。顧問の橋本教諭
出場する真坂君(右)と岡野君(中央)。顧問の橋本教諭

 桐蔭学園中等教育学校=鉄町=模擬国連部5年(高2)部長の真坂卓実君(17)と、岡野源君(17)が昨年11月15、16日の第8回全日本高校模擬国連大会で最優秀大使賞を獲得。2人は日本代表6チームの一つとして、米ニューヨークの国連本部ビルで5月に行われる国際大会に出場する。同部の全国最優秀賞は3回目、国際大会への出場は5回目。

 模擬国連は、参加者が国連加盟国の大使になりきり、人権や安全保障など実際にあるさまざまな課題を国際会議形式で議論。各国との外交や利益を考えながら交渉を進めていく活動だ。

 昨年11月に東京の国連大学本部で行われた全日本大会には、論文などの一次選考を通過した81チーム162人が出場。桐蔭中等からは2チーム4人が参加した。議題は「食糧安全保障」で、真坂君と岡野君はイタリア大使を担当。EU本部へのメールなど事前取材が奏功したほか、相手を尊重した紳士的交渉態度などに評価を得て、頂点に輝いた。

運命の出会い

 創部7年目の同部顧問の橋本雄介教諭(38)は、「積極性と自立心があり、衝突することもいとわない性格。人の話を聞く意識を持つようになって成長した」と2人を評する。2人は中等3年(中3)のとき出会い、同部の上級生が部活紹介の檀上で語る姿に憧れて一緒に入部。以来、ずっとコンビを組んでいる。橋本教諭は「楽観的な真坂君と几帳面な岡野君が、互いを尊重し、刺激し合いながら信頼を深めている」と話す。

 大会前の2人の打ち合わせは1日4、5時間、多い日で7時間。帰宅後もインターネット電話サービス(スカイプ)を使って対話し、休日は喫茶店などで面会するほどだったという。「できることは何でもやろうと思って臨んだ」。2人とも準備に余念がない。

米でシリア大使に

 国際大会には20カ国以上から約2500人が参加。2人はシリア大使を担当し、14の会議のうち参加チーム数最多の「総会」に参加する。

 議題は国連が定める開発目標で、今年が期限の「貧困の撲滅」の将来について。真坂君は「まずは結果にこだわる。いろんな世界の価値観に触れながら学びたい」、岡野君は「純粋に楽しみたい。紳士的な態度を意識していく」とそれぞれ目標を掲げる。悲願の最優秀賞を目指し、全力を注ぐ。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook