青葉区版 掲載号:2015年4月2日号 エリアトップへ

2015年度ミス日本「水の天使」に選ばれ、水の大切さを伝えるPR活動に取り組む 柴田 美奈さん 新石川在住 19歳

掲載号:2015年4月2日号

  • LINE
  • hatena

「可能性はいつも傍らに」

 ○…「水の天使」に選ばれた瞬間は、喜びで瞬時に状況が呑み込めず「スポットライトが当たって『まぶしいな』と思った」と振り返る。現在は水道施設への関心を高めるPR活動に励む。憧れの存在になった今「人前で話しているのが不思議」とはにかむが「その場で自分が感じた思いを、自分自身の言葉でしっかりと発信したい」と意志は強い。

 ○…ミス日本の存在は子どもの頃から知っていたが「応募は考えていなかった」。大学進学後に将来を考える中で、予選を通過すると受けられるスピーチや所作などを学べる勉強会を知った。「その道の第一線の人に学んで成長したい」と、締め切り日直前に応募。「当時は『水の天使』という賞の存在も知らなかった」と申し訳なさそうに笑う。

 ○…「きれいで雰囲気が好き」と話すたまプラーザには、5歳のときから住んでいる。今も続けるクラシックバレエは、当時習い始めた。小学1年のときに「通知表に『目が少女漫画のよう』と書かれた」というほど「好きなことに夢中になるタイプ」と苦笑する。「一度もやめようと思わなかった」バレエの影響もあり、趣味は演劇鑑賞やクラシック。世界観に浸るのが好きで、ジャンルを問わず劇場に足を運ぶ。その中でも一番好きなのが、宝塚歌劇団。「時間があると日比谷の劇場に行ってしまう。公演がない日でも劇場に行くだけで幸せ」と目を輝かせる。高校のときに知り、座右の銘にしている「可能性はいつもすぐ傍らに」は元宝塚のトップスター、蘭寿とむさんの言葉だ。

 ○…ミス日本への応募以来、多くの出会いと経験を重ねた。「1年前には全く想像できなかった自分になっている」と自身の日々の成長に驚きを見せる。「今度は自分が誰かの可能性になりたい」と将来的には法律家を目指している。「『水の天使』の経験を生かして誰かの人生の役に立てたら」。まっすぐ前を見つめる目は、より輝きを増す。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

鳥居 浩一郎さん

青葉区歯科医師会の会長に就任した

鳥居 浩一郎さん

すすき野在住 64歳

7月22日号

坂本 悟さん

横浜市薬剤師会の会長に就任した

坂本 悟さん

港北区在住 60歳

7月8日号

大庭(おおば) 良治さん

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める

大庭(おおば) 良治さん

横浜市在勤 62歳

7月8日号

大森 正巳さん

県洋菓子協会の作品展で「藤沢市長が選ぶセーリング作品」に選ばれた

大森 正巳さん

田奈町在住 39歳

7月1日号

佐久間 秀徳さん

日本学生陸上競技個人選手権の1500mで優勝した

佐久間 秀徳さん

青葉区出身 21歳

6月24日号

木村 勇樹さん

7月4日に開業する「スプラス青葉台」のプロデューサーを務める

木村 勇樹さん

青葉台在勤 35歳

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第16回「熱中症対策の水分補給には水道水がおススメです」

    7月29日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter